北村一輝、物語の要担う危険漂う捜査一課長役で出演『ニッポンノワール』

北村一輝が、賀来賢人が主演を務める日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、10月スタート、毎週日曜22:30~)に出演することがわかった。

『今日から俺は!!』からちょうど1年。コメディドラマを経て、俳優としてステップアップした賀来が日テレの日曜ドラマに帰ってくる。本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める清春に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

北村が演じるのは、現場たたき上げの捜査一課長・南武修介。……にも関わらず現場に足を運び、いつも余裕と危なさを醸し出す食えない男。何を知り、何を探り、何を目的としてるのか、敵か味方か分からない物語の要となる人物だ。亡き薫から死の直前に様々な相談を受けており、清春に疑いをかけながらも、なぜか彼に薫の一人息子・克喜を預けるなど、初回から謎めく行動が盛りだくさんな南武。果たして、敵か、味方か……?

北村は「『刑事ドラマ』という固定概念を覆す、先が読めない展開の脚本で、読んでいてわくわくしました。新たなチャレンジをスタッフ、キャストの皆さんと楽しんでいけたらと思っています」とコメントを寄せている。