中村倫也演じるゴン、凪をめぐって慎二と直接対決!?『凪のお暇』第8話

黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、9月6日に放送。素直な気持ちを打ち明けた我聞慎二(高橋一生)の姿に大島凪(黒木)は動揺を隠せず……。

月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・凪が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。凪の元カレ・慎二を高橋、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。さらに、市川実日子片平なぎさ吉田羊三田佳子らが出演する。

先週放送の第7話では、慎二が泣きじゃくりながら凪に自分の思いを伝えるシーンに反響が殺到。SNS上では「高橋一生の泣き顔の破壊力。ハンパなーーーー い!!!」「高橋一生のラストシーントラウマになるくらい愛おしいな」「漫画のようなコミカル演技もいいし、泣き顔もいい」などと絶賛の声が寄せられていた。

<第8話あらすじ>
凪(黒木)に素直な気持ちを話した慎二(高橋)。一夜明けても、円(唐田えりか)からの連絡はなかった。すると、出勤しようとする慎二のもとに、円ではなく、ゴン(中村)から朝ご飯のお誘いが入る。迷った慎二だったが、生まれて初めて会社をサボることに。

一方、凪はスナック「バブル」のママ(武田真治)、杏(中田クルミ)、緑(三田)、みすず(吉田)、うらら(白鳥玉季)、エリィ(水谷果穂)と一緒に凪の家で「バブル」の餃子パーティーの仕込みをしていた。慎二との間に起こった出来事を皆に聞いてもらう凪だが、想定していない答えの連続で困惑する。風にあたろうとベランダに出ると隣の部屋にはなぜか慎二が!?

龍子と進めているコインランドリー計画は順調に進み、あとは入金を残すのみとなっていた。そんな時、凪の母・夕(片平)から、住んでいる北海道に台風が直撃し、家に被害が出たと電話がかかってくる。急遽、北海道に強制送還されることになった凪だが……。