井浦新『ニッポンノワール』で超有能な刑事役で出演!「大好物のヤバい香りがプンプン」

井浦新が、賀来賢人が主演を務める10月クールの日本テレビ系日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(毎週日曜22:30~)に出演することがわかった。井浦は日テレドラマ初出演となる。

『今日から俺は!!』からちょうど1年。コメディドラマを経て、俳優としてステップアップした賀来が日テレの日曜ドラマに帰ってくる。本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める遊佐に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

井浦が演じるのは、碓氷の死に対して、事件捜査に緊急招集される公安部の超有能刑事・才門要。身体能力も高く腕っぷしも強い才門は、飄々としながら心の奥に強い信念を持ち、かつては新人時代の主人公・遊佐に刑事のイロハを叩きこんだ男だ。場の空気を切り裂くような言葉を放てば、時折ユーモアを交えるセンスも持ち、時に禅問答のように物語のカギとなるセリフを吐く才門。何を考えているのか、何をしようとしているのかまるで分からない、「雲」のような存在感で異才を放つ。

この危うくも魅力的な才門を演じる井浦が、ドラマの中でどんな存在感を見せてくれるのかに期待だ。井浦からのコメントを以下に、紹介する。

<井浦新 コメント>
福井(雄太)プロデューサーから物語の全容を初めて聞いた時、大好物のヤバい香りがプンプンしました。台本を読んだ時にそれは確信に変わり、読み終えた時には身体が2話を欲してました。設定も展開も斬新で挑戦的かつ曲者しかいない登場人物たち。きっとつくり手たちも先の見えない展開に翻弄され暗黒の中を手探りで彷徨うことになりそうな予感。そんな状況下で才門要という役に挑戦し育てていけることは大きな演り甲斐です。

福井プロデューサーの喋りが一番面白かったとならない様に、スタッフ・キャストがひとつとなって、全身ノワールに染まりながら、全霊で共演者と駆け引きし合い、見て下さる方々の心に爪跡をのこす作品にしてゆきたいと思っています。

PICK UP