立川志らくがTBSの朝の顔に『グッとラック!』「素直な気持ちで発信できれば」

落語家の立川志らくをMCに迎えた新番組『グッとラック!』(TBS系、毎週月曜~木曜8:00~10:25/金曜8:00~9:55 ※一部地域をのぞく)が、9月30日(月)からスタートする。4年半ぶりに、TBSの朝8時の情報番組が生まれ変わることとなる。

志らくは、現在『ひるおび!』にコメンテーターとして出演し、舌鋒鋭いコメントを連発している今最も注目される論客だ。一方、家庭では“良きパパ”として子育てに奮闘中の志らくが、「家庭的なネタ」から「社会派ネタ」まで歯に衣着せぬコメントで世相を斬り毎日のネットニュースをざわつかせている。

そんな志らくとタッグを組むのは、国山ハセンTBSアナウンサー。現在『Nスタ』『アッコにおまかせ!』『SUPER SOCCER』と多くの生番組を担当している、今もっとも伸び盛りの若手アナウンサーだ。また、アシスタントには、今年4月に入社したばかりの若林有子TBSアナウンサーが抜擢。小学校卒業後、ニューヨークで約5年間過ごしたバイリンガルだ。

番組では、最大関心事のニュースをたっぷりと伝えるのはもちろんのこと、映画や歌謡曲に精通している志らくが「エンタメ&芸能コーナー」を充実させるほか、YouTubeやTwitterで話題のせやろがいおじさんが時事問題に熱いツッコミを入れるコーナーなど番組オリジナルの企画を次々に立ち上げる。

今回の決定について志らくは、「昨今、世の中の出来事に対して色々なことを考えさせられます。私のポリシーとして嘘をつきたくないので、今回始まる番組でも思ったことをそのまま視聴者のみなさまに伝えていきたいです。時代によって価値観は変わるので、何が正しいのかは誰にも本当はわからないと思っています。とにかく思ったことを自分の言葉にして伝えていきます。そのコメントに喜んでくれる方、ご立腹される方もいるとは思うのですが、素直な気持ちで発信できればと。35年間、落語家をしており、言葉を生業としている者ですが、精一杯真面目に取り組んでまいりたいと思います」とコメントを寄せた。