Snow Man岩本照らが異世界に通じる“神隠しの森”を探索!?写真を撮るだけの『簡単なお仕事です。に応募してみた』第7話

Snow Man岩本照&ラウール&渡辺翔太目黒蓮が主演のドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)の第7話が、9月2日に放送。九十九一小島藤子がゲスト出演する。

本作のコンセプトは、“ヤバ怖”。1話完結で「不思議・ホラー・サスペンス・パニック・ハプニング」などハラハラ、ドキドキする様々なジャンルの“怖い”を盛り込みつつ、でも、ちょっと笑えるコメディでもある新感覚の不可思議な10の物語を描いていく。キーワードは「××するだけの簡単なお仕事です」。スクープ映像を収録するためにTV制作会社がお金に困っている若者を募集。集まった3人の若者たちにカメラが密着し、「掃除するだけ」「並べるだけ」などの“簡単なお仕事”の怪しい仕事の実態を追跡していく。簡単なお仕事に参加する彼らは、みんな初対面で人物像も様々。そんな若者たちを取材するのは、謎の新米ディレクター。10の簡単なお仕事の末に4人が巻き込まれる“ヤバ怖”な体験とは!?

<第7話あらすじ>
人里離れた山奥のバス停に、サルサ(岩本)、トリハダ(渡辺)、ワンちゃん(目黒)とモモ(ラウール)が。マッチングアプリのサクラとして、自然の中で「写真を撮るだけの簡単なお仕事」にやって来たのだ。

モモがカメラで数枚スナップを撮り、ついでにモモも撮られて、お仕事はあっさり終わり。あとは依頼主のもとへ報酬を取りにいくだけとなるが、トリハダは「少し辺りを探索しよう」と言い出す。曰く、この周辺は“神隠しの森”と呼ばれ、“異世界”に通じているとネットで有名な都市伝説の地、らしい。大した取材もできていないモモは俄然、興味を持つが、取り合わないサルサ、ビビッたワンちゃんはスタスタと依頼主がいるトンネルの先を目指す。

ひんやりと湿った暗がり、わんわんと響く声、4人は古いトンネルを進む。と、突然、真っ白な霧が現れて彼らを包み込む。一瞬の後、次々と意識を失う……。

目覚めると、大きな幌のテントの中。生成りの布に身を包んだ、微笑を絶やさない人々が4人を迎える。そこは、その人たちも迷い込み、やがて帰ることをあきらめた“異世界”だという。なんとか帰ろうと試みる3人をよそに、トリハダだけは、この地に興味津々で……。

PICK UP