蜷川実花、羽生結弦選手の「AERA」撮影秘話明かす『サワコの朝』

蜷川実花が、8月10日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

独自の色彩感覚で世界中から注目を集める写真家の蜷川。2007年には映画『さくらん』で監督デビューを果たし、華やかな世界観が広がる映像作品で人々を魅了。現在公開中の映画『Diner ダイナー』や9月公開予定の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』も大きな話題になっている。

一方で、重要文化財である道後温泉とコラボも実現。前年に比べ観光客が約3万人も増加したとされる“蜷川実花ワールド炸裂”の道後温泉を、写真と共に紹介する。蜷川の作品は、“素敵”と思った瞬間を撮ることで生まれているという。時には気分が乗らないこともあると話すと「20年以上プロでやっているから、商品になるレベルには仕上げる」とした上で、乗ってない時の作品は「並べたらバレるかも(笑)」と明かす一幕も。

また、3年前に亡くなった父・蜷川幸雄さんとの知られざる関係を告白。「いつでも、どこでも男を捨てられる女であれ」等、父の思想を常に語られながら育ったという蜷川は、「日本の中のガラパゴスで育った」と幼少期を回顧。普通じゃない(!?)幼少期をはじめ、白黒作品を撮っていた時のエピソード。そして3年間務める雑誌「AERA」の表紙撮影での話も伺うのだが、爆発的に売れたという羽生結弦選手の撮影時の秘話も披露する。

最後には、クリエイティブを志す若者たちへ向けたメッセージも。