鈴木拡樹、カフカに変身!シュールな異色ドラマの地上波放送決定に「不安で絶望しか感じない」

俳優の鈴木拡樹が主演を務めるドラマ『カフカの東京絶望日記』が、9月12日(木)から毎週木曜24時59分にMBSのドラマ特区枠で放送されることが決定した。本作は今年の4月からYouTubeで第1話(前編・後編)が無料配信中。満を持しての地上波放送となる。

このドラマは、「変身」や「審判」などで知られる小説家フランツ・カフカが、なぜか現代の東京で生活し、あらゆる事象に絶望する摩訶不思議な新感覚コメディ。『刀剣乱舞』シリーズや、アニメ・舞台の『どろろ』などで活躍中の鈴木がカフカ役に体当たりで挑む。

今回は、地上波放送に先駆けてドラマの場面カットも解禁。執筆活動に苦悩したり、子猫を抱いて憂いに満ちた表情を見せたり、地べたに突っ伏したりと、絶望名人のカフカらしいカットを含む5点が公開された。

また、地上波放送にあたり、新キャストも決定。週末に韓国で整形してきたカフカのバイト先のパン屋の同僚・黒柳つぐみ役を『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の奥山かずさが、バイト先の新人・取出イタル役を映画『ちはやふる』で知られる坂口涼太郎が演じる。

さらに、カフカの行きつけの喫茶店ナルメ友のバイト・秋野ナツオ役にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマーの岩谷翔吾、パン屋の店長の娘・山城真帆役にアイドルグループ・TEAM SHACHIのメンバーの咲良菜緒が決定。フレッシュなキャスト陣が、鈴木と共にドラマを盛り上げる。

本作が地上波ドラマ初主演となる鈴木は、「カフカのようなネガティブでシュールなストーリーが地上波放送になることがどうも不安で絶望しか感じないです」と笑わせつつも、「そんな作品ではありますが、たまたま地上波放送で見かけた人の希望になるようなそんな瞬間があればうれしく思います」と心境を告白。

そして、「たった一人でもいいので、もし希望を感じた人は番組宛てにお便りください。カフカの絶望には人を良き方向へと導く力があります。皆さん、ぜひ見てください」とアピールした。