King & Prince永瀬廉、空オタクのCA役でドラマ初主演!「ちょっと抜けている部分は自分と役柄が重なります」

King & Prince永瀬廉が、今秋放送のスペシャルドラマ『FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました』(カンテレ・フジテレビ系、火曜21:00~)で、ドラマ初主演を務めることが決定した。

航空会社のキャビンアテンダント(以下、CA)を目指し訓練生となった主人公が、同僚たちと共にさまざまな訓練を通じ、成長していく姿を描く物語。制作に関しては、航空会社「ジェットスター・ジャパン」が全面協力。撮影の衣装やCAの呼び方に関しても「ジェットスター」にあわせて“キャビンクルー”と呼ぶなど、よりリアルなストーリーとなっている。

永瀬が演じる主人公の千空は、幼い頃、両親と旅行した際に搭乗した飛行機で怖い思いをしたが、その時に勇気づけてくれた女性CAへの恋心から、CAの世界に興味を持つ。また空港そばの叔母の家で育ったことから、航空機や空港を身近に感じながら育ち、いつのまにか空港内の構造と飛行機に詳しい“空オタク”な青年に。自身の名前に「空」の字が入っていることや、「Chikara Asakawa」のイニシャルから、“CA”は自分にとって天職であると信じて疑わない楽天家で、やや抜けている部分もあるが、そんな彼の頑張りがやがて周囲に影響を与えていく。また、パイロットを夢見る女性と出会い、あるきっかけで千空が恋におちるといった展開も見どころとなる。

女性の花型職場といわれたCAの世界に挑む男性たちが急増しているというが、彼らを待っているのは厳しい“女性社会”の中でしごかれる恐怖の訓練の日々。これまで、接客もしたことなければ、きちんと謝ったこともない、知識や技術もまだまだの彼らだが、そんなことはお客様には関係ない。それぞれが一番大切な“お客様への愛”を学び、一人前に成長し、“心をつなぐおもてなし”と“命の安全”に挑んでいく。壁にぶつかりながらもそれぞれの力で乗り越えていく個性豊かな男性CAたちの成長物語に注目が集まる。

永瀬からのコメントを以下に紹介する。

――ドラマ初主演ということですが意気込みをお聞かせください。

映画で主演をやらせて頂いて、「演じたい」と感じたことがきっかけで、どんどんお芝居の仕事をしたいなと思っていたので、このタイミングでドラマの話を伺いまして、すごく嬉しいです。主演という状況を飲み込むのには時間がかかりそうで緊張もしていますが、お芝居ができる環境をいただいたので、今はメラメラと燃えています。

――脚本を読まれた時の感想を聞かせてください。

読みながら、「そうなんだ」と感じるところがすごくあって、それこそ僕の予想以上というか、大変な試験がいくつもあったり、短時間で飛行機の清掃をしないといけないことなど、シンプルに勉強しているような感覚でした。もちろんストーリーも面白い。汗と青春の奮闘ストーリーなので、クランクインがすごく楽しみです。千空君は夢に向かっている、情熱を持った役なので、どう表すのかということを考えながら、航空業界のことをもっと勉強したいなと思いました。

――役柄とご自身の性格を比べていかがですか?

僕も千空君のように前しか向いていないです(笑)。千空君は、キャラクターでちょっと抜けていたりするじゃないですか? 僕もたまにファンの方に言われたりするので、ちょっと抜けている部分は自分と役柄が重なります。ただ、正直千空君ほどまっすぐな自信はまだ無いですね(笑)。

――今作は飛行機が出てきますが、飛行機にまつわる自身のエピソードはありますか?

初めて家族で行った海外旅行がグアムで、その時、飛行機に乗ったのが家族との一番の思い出なんです。飛行機に乗るのは好きなんですが、メンバーは、離陸する時のフワッとする感覚が怖いという人が多い。でも僕は、テーマパークとかでもフワッと浮いた感覚になる絶叫系が好きなので、飛行機は昔から大好きでした。

――視聴者に向けてメッセージをお願いします。

ありがたいことに僕が初めてドラマ主演をさせていただくこの作品。キャビンアテンダントという、女性が主な世界の中で僕ら男子候補生が、互いに切磋琢磨しながら成長していくシーン、感動も出来るシーンもあります。そして、まっすぐな千空君を演じられるように、僕自身一生懸命頑張りたいと思っています。皆さんに千空君を愛してもらえるよう頑張りますので、是非見てください。よろしくお願いします。