中村倫也、黒木華の頭をポンポン!「かわいい」とアプローチ?『凪のお暇』第2話

黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第2話が、7月26日に放送。第2話では、大島凪(黒木)が、アパートの隣人・安良城ゴン(中村倫也)から、急なアプローチを受ける。

月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店) で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・大島凪(黒木)が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村が演じる。さらに、市川実日子片平なぎさ吉田羊三田佳子らが出演する。

先週の第1話では、高橋演じる慎二の“やばさ”が際立ち、ドラマの公式Twitterアカウントが推奨していた「#慎二やべぇ」で、SNS上は大盛り上がりとなった。ほかにも「#ゴンもやべぇ」「#凪守りてぇ~」などのハッシュタグも登場。第2話の予告編では、ゴンが凪の頭をポンポンしたり、「かわいい」とささやいたりと、ドキドキのシーンが。また新たなハッシュタグが誕生するかも?

<第2話あらすじ>
全てを捨てて人生のリセットを決意したアラサー女子の凪(黒木)は、東京郊外にある6畳一間のアパートで再出発を図ろうとしていた。しかし、突然訪ねてきた元カレ・慎二(高橋)からの「お前は絶対、変われない」という言葉に、凪の心は激しく荒れていた。そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。生きているだけでお金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、失業保険の給付を受けるためにハローワークへ。そこで、なにやら担当者ともめている坂本龍子(市川)と出会う。落ち込んでいる様子の龍子に、凪は勇気を出して話かけてみるが……。

一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」でママ(武田真治)や杏(中田クルミ)から“女心が分かっていない”と説教を受け、凪との復縁はないと言われてしまう。ヤケをおこした慎二は、凪のアパートへ行き執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。そんな慎二に声を掛けたのは上の階に住む吉永緑(三田)だった。

その頃、凪は隣人のゴン(中村)と一緒に近所の公園でバーベキューをしていた。ゴンが持つ、ゆるっとやわらかな空気に癒される凪。家に戻った凪とゴンは慎二と出くわす。凪は隣に住むうらら(白鳥玉季)と予定があると言い慎二を避けようとするも、凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目になり……。