有村藍里、俳句査定に初参戦『プレバト』夏井いつき先生も驚く傑作が登場

志尊淳有村藍里が、7月4日放送の『プレバト!!』(MBS・TBS系、毎週木曜19:00~)で、「俳句」の才能査定に初参戦する。

浜田雅功ダウンタウン)がMCを務める同番組は、芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表するバラエティ。この日は「俳句」と「和紙ちぎり絵」の才能を査定する。

「俳句の才能査定ランキング」は、「国語は得意だった」という志尊と、「SNSで文章を書くので」と話す有村が自信満々で参戦。また、前回“凡人”査定の俳優・前田吟と東大文学部卒のグローバー、“才能ナシ”で酷評を受けた小籔千豊も参戦し、言葉の表現力を競う。

お題は買い物を楽しむ人でにぎわう「梅雨明けの銀座」の写真。“才能アリ”が続出するなか、夏井いつき先生も「作者が分かってビックリ!」と驚く傑作が登場する。そして昇格試験には、2連続昇格でついに名人10段に上り詰め「ゾーンに入っちゃってるんで」と話すフルーツポンチ村上健志と、2回連続“現状維持”とスランプ気味の3級・立川志らくが挑戦する。

一方、手軽なアートとして人気上昇中の「和紙ちぎり絵の才能査定ランキング」には、前田、有村、グローバー、そして前回“才能アリ”のしずちゃんが参戦。それぞれ自由なテーマでデザインを考え、色とりどりの和紙をちぎって画用紙に貼り作品を描く。「楽しくできたので自信あります」と話す有村をはじめ、出演者全員が作品づくりを楽しんだ様子。そんな中から、和紙ちぎり絵界の第一人者・辻井華洲先生が「スゴイ! の一言」と興奮する傑作で、初の特待生が誕生する。

PICK UP