上野樹里、恋人役の風間俊介とは相思相愛!「話していると気持ちいい」

7月8日にスタートする月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~※初回は30分拡大SP)の第1話先行試写会・舞台挨拶が6月28日に開催され、主演の上野樹里時任三郎風間俊介中尾明慶森本慎太郎SixTONESジャニーズJr.)、平岩紙板尾創路山口智子が出席した。

本作は同名漫画が原作。新米法医学者の万木朝顔(上野)と父親で刑事の万木平(時任)が、様々な遺体の謎を解き明かすと共に、遺体の“生きた証”によって心を救われる人々の様子をハートフルに描いていく。

上野は『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの月9ドラマ主演。「初めて主演させていただいたドラマも月9。今回年号が変わって結婚して、初めて主演させていただくドラマも月9。大きなテーマですし、残すことは大切だと思いながら撮影をしています。自分にとっても大きな経験をさせてもらっている枠ですね」と感慨深い様子。

また、朝顔は東日本大震災で被災し、母親が行方不明になっているという深い悲しみを抱えていることから、クランクイン前に被災地の岩手県陸前高田市を訪問したという。「今回演じる役は被災した人が悲しみを背負ったまま、前を向いて生きていく難しい役どころ。地元の方に協力していただき、いろんな所に連れていってもらったり、お話を聞かせていただいたり、役作りの上ですごく参考にさせていただきました」と振り返った。

さらに、「1人で役を作ってるわけではなくて、いろんな人の思いを乗せて作品にできることをすごくうれしく思います」といい、「死をテーマにしていますが、同時に生きることや過去を背負いながら未来に向かって前向きに生きていく姿を届けられたらと思います」とアピールした。

朝顔の恋人の刑事を演じる風間は、上野とは初共演とは思えないくらい居心地がよいそうで、「10年くらい知ってるんじゃないかってくらい、穏やかな時間が流れてます」と明かすと、上野も「2人でいろんなこと話してます。芝居や作品のこととか話すと、しっかりと考えが返ってくるんです。すごく真面目で、話していると気持ちいい」とエピソードを披露した。

トークでは、死ぬまでにしたいけどあまり大きくない夢を明かしあう一幕も。上野は「風間くんや志田未来ちゃんがディズニーランドにすごく詳しいので、全員でディズニーランドに行きたい」と願望を明かし、「パレードは未来ちゃん、乗り物は風間くんに仕切ってもらいたい」と期待。

一方、風間は今流行りのタピオカミルクティーを飲んだことないそうで、「『朝顔』が終わるまでに飲みたい」と宣言。事務所の後輩でもある森本から「差し入れで入れてくださいよ」とリクエストされると、「入れてくれるんじゃなくて、俺が入れるの?」と驚きつつも「わかった」と笑顔を見せていた。

PICK UP