杉野遥亮、クレーンに吊られて「なんでもしますからああ!」と絶叫『スカム』

杉野遥亮が主演を務めるドラマイズム『スカム』(TBS、7月2日スタート、毎週火曜25:28~/MBS、6月30日スタート、毎週日曜24:50~)の予告映像とメインビジュアルが公開された。

累計被害総額約5000億円! 振り込め詐欺に手を染める若者たちの姿をオリジナルストーリーでドラマ化した『スカム』(タイトルの「スカム」は、英訳すると「詐欺」「人間のクズ」)。週刊モーニングで連載中の「ギャングース」の共同原作者を務め、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が巨大犯罪・振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案。社会的要因により振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちのドラマを克明に描きながら、「世代間格差」という現代日本が抱える社会問題を突きつける社会派詐欺エンターテインメントとなっている。

舞台は、リーマン・ブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊。振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、様々な動機で振り込め詐欺に手を染めていく若者たちの“転落”模様を描いていく。

今回、公開された予告映像では、杉野演じる主人公・草野が、戸塚純貴演じる悪友から怪しいバイトの紹介を受け、詐欺被害者が振り込んだお金をATMから下ろし警察から逃走を図るシーンや、営業会社の研修と称して行われた電話アポイント営業の様子、和田正人演じる詐欺の店長による気合のこもった朝礼など、振り込め詐欺に巻き込まれていく草野の人生と共に、リアルな詐欺の実態が描かれている。

そして、地上から約15mの大型クレーンに吊るされた草野が恫喝され、「なんでもしますからああ!」と懇願する衝撃的なシーンも。杉野の迫真の演技は必見だ。

さらに、映像に合わせてメインビジュアルも公開。1500万ドル相当分に値する紙幣の山の上に、無造作に座る杉野と相棒役の前野朋哉を中心に、2人の頭上に差し込む光と、黒く暗い地面のコントラストから本作で描く“若者たちの成功と転落”を表現。「ワケあって!オレオレ詐欺始めました」というキャッチコピーを添え、ブラックでユーモラスな本作の世界観を描き出した。

そして、トリを飾るメインキャストとして、数々のドラマや映画での出演を重ね、存在感のある演技が光る実力派俳優・大谷亮平が出演。大谷は、草野ら詐欺師役を束ねる組織のボスである番頭役を演じ、詐欺稼業の資金源である金主たちからの重圧に耐えながら、現場の詐欺師たちを信用し守り抜こうとする義理堅い男を体当たりで熱演する。

PICK UP