芦名星「秘め事」を抱える女性監察官役で主演『W県警の悲劇』女性ゲストとバトルも!?

芦名星が、7月クールの土曜ドラマ9『W県警の悲劇』(BSテレ東/BSテレ東4K、毎週土曜 21:00~)でゴールデン帯連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。

原作は、「凍てつく太陽」で今年の第21回大藪春彦賞、第72回日本推理作家協会賞を受賞したばかりの葉真中顕(はまなか・あき)による同名小説(徳間書店)。女性警視と女性警察官の戦いを描いた、女が怖くなる異色の刑事ドラマになる。

芦名が演じるのは、W県内随一の高級中華料理店『玉好園』の特別個室で開かれる「県警本部の幹部たちの集い」、通称“円卓会議”で極秘任務を担う監察官・松永菜穂子。男尊女卑が色濃い旧態依然の県警の中で、女性警察官の道を作るために“円卓会議”のメンバーになろうと日々奮闘している役どころで、毎回警察官役の強力な女性ゲストと戦いを繰り広げていく。

女性警視というキャリア役になるが、芦名は「設定や人物像にいくつも仕掛けがあり、私のイメージする女性警視よりずっとボリュームのある主人公設定、そして内容でした。ますますやり甲斐を感じ、この夏はここに尽力しようと思います」と気合十分。

菜穂子は出世のためなら手段を択ばない“したたかな女性”。自身との共通点を聞かれると、「目標ややり遂げなければならないことがあった時、それが人に関わることなら手段は選びますが、自身がやれば成し遂げられることであれば、手段は選ばないのかもしれません」と回答。また、「『出世のためなら……』という感情は私の中であまり感じたことがないことなので、今回自分を通して感じられることが楽しみです」と期待を寄せた。

また、菜穂子は「罪と罰」や「秘め事」を抱えているが、そんな女性を演じることについては、「誰しもあるかもしれない感情や秘め事を描いてくというのはリアリティと想像力、そして、本当にその一瞬一瞬の感情や恐怖・罪の意識に対する心の持ちようなど、表現しなければならない感情が多くあると思います。それを保ちながら、毎話ごとに個性豊かな登場人物と対峙していくのですから、とにかくそれをしっかりと持ち、菜穂子として生きたいと思います」と意気込む。

「早く最後が知りたいと思う台本を読んだのは久しぶりでした」と言うほど脚本に魅力を感じたそうで、「全話、どんでん返しが待ってます! これは今回の1つのポイントですね。それがまた面白い。それを期待して見て頂いても、それをわかっていても、楽しめると思います。そして、最終話まで楽しんで頂いた最後の最後の先に、私も驚愕した出来事が待っています! そこに辿り着くまで、一緒にこの世界観を盛り上げて、楽しんで頂けたらと思います」とアピールしている。

PICK UP