山下智久、死を招く“呪いの血のポスター”の謎に迫る『インハンド』第8話

山下智久主演の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、5月31日に放送。山下演じる紐倉哲が、死を招く“呪いの血のポスター”の謎に迫る。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。第8話にはゲストとして、柄本明要潤らが出演する。

<第8話あらすじ>
紐倉(山下)は、SNSで話題になっている“呪いの血のポスター”に興味を持つ。それは園川務(柄本)が会長を務める巨大企業キガシマホールディングスのポスターで、務の息子であり後継者候補の直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことが発端だった。

モデルの頭部が血のように赤く染められた“呪いの血のポスター”は、本当に直継の自殺と関係しているのか――。紐倉は、高家(濱田)、牧野(菜々緒)と共に直継の自殺の真相を調べることに。

調査を進める3人の前に、経産省のアドバイザーを務める遠藤匡晃(要)が現れる。遠藤は紐倉の大学の同期で、偶然にも同じ事件を調べていた。昔から紐倉を一方的にライバル視している遠藤は、今でも対抗心むき出し。何かにつけて紐倉に絡んでくる。

そんな遠藤を横目に紐倉たちがさらに調べを進めると、園川家に伝わる“鬼の血”伝説に辿り着く。鬼の血の伝説とは一体何なのか、驚きの事実が明らかになる。