菅田将暉、松坂桃李らとのイベント後「ドラマを見てるよって実感できる場」としみじみ『パーフェクトワールド』

松坂桃李主演ドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)のスペシャルイベント「パーフェクトワールド SPECIAL NIGHT」が、5月20日に豊洲PITで開催され、松坂をはじめ山本美月瀬戸康史中村ゆり木村祐一、主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉が参加した。

有賀リエの同名コミックを原作にした同ドラマは、不慮の事故で突然車いす生活を送ることになった建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていく姿を描いたラブストーリー。菅田が歌う、米津玄師作詞・作曲・プロデュースによる主題歌も大きな話題を呼んでいる。

この日は、約3000人が来場。出演者による撮影秘話や恋愛ネタなどについてのトークや、菅田が主題歌を生歌で披露するというスペシャルな企画に会場は大盛り上がり。

イベント終了後、松坂は「最初に聞いたときに、すごい企画だなと思いました。菅田も生で歌ってくれるということも。ドラマが始まる前ならまだしも、中盤に差し掛かったところでイベントが行われるのは、なんていうんでしょう、番組の盛り上がりを視聴者の方にも伝えられるのは嬉しかったです」と喜びのコメント。

山本は、「放送中のドラマで、途中にイベントがあるのは私も初めてで、見てくださっている方とお会いできて、これから最後まで頑張ろうと思えたし、菅田さんの歌を聞いて、この曲に恥じないような、鮎川くんとつぐみの関係性を築いていきたいと思いました」と新たな決意を表明した。

主題歌を披露した菅田は「いろいろありすぎて何から言えばいいかわからないけれど……、まだまだ撮影は続くでしょ。3か月、長いような短いような、ここからまだあると思うけど、ドラマを見てるよって実感できる場になりました。(アーティストとしては)僕が頑張るなんてレコーディングと今日だけですから」と、振り返っていた。