郷ひろみ、自身初の“戦隊ヒーロー”に挑戦「ずっとやってみたかった」娘役には上白石萌音が決定

郷ひろみ上白石萌音が、6月8日(土)21時から放送される土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編』(フジテレビ系)の一遍、「永遠のヒーロー」に出演することがわかった。本作で、郷は自身初の“戦隊ヒーロー”にチャレンジ。また、上白石は郷の娘役で登場する。

『世にも奇妙な物語』は、タモリがストーリーテラーとなり、毎回、豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなうオムニバスドラマの人気シリーズ。「永遠のヒーロー」では、郷がデビュー47年目にして、初めて『世にも~』の主演を務めることになる。

「永遠のヒーロー」は、科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界を舞台に、その技術を悪用する怪人と戦うヒーローを描いたオリジナル作品。郷は、市民の生活を脅かす怪人に対応するために警察庁内に外部機関として設置された怪人対策室の警部・大場博人を演じる。

大場は最新科学技術を駆使したヒーロースーツを着用し、“レッドライガー”として様々な怪人たちを撃退。日々、世界の平和を守り続けているが、忙しすぎて、上白石演じる娘の亜希と会えないのが悩みの種だった。テレビ電話で娘と会話をするのが毎日の生き抜きとなっていた大場。来年こそ、定年を期に娘とゆっくり暮らせると思っていたが、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届いてしまい……。

今回、『世にも~』初主演にて、フジテレビのドラマには、1992年の『愛する時と裁く時』以来、27年ぶりの出演となる郷は、「何年経とうが、こうして自分にお声がけをしてもらったこと自体、感謝しているし、その皆さんの思いに応えたいと思っています。そして、大場博人という人物を、しっかりと自分なりにとらえ、演じていきたいと思っています」とやる気十分。

初の戦隊ヒーローという役どころにも興味津々の様子で、「変身する役なんてなかなかできる役柄じゃないので、おもしろそうだなとずっとやってみたかったです。僕自身、ステージ上で今までたくさんのことをやっていますが、このような戦隊ヒーローに変身するということはやったことがなかったので、ちょっとした憧れのようなものはありました。まさか自分がこの年代でこのような役をやるとは思っていませんでしたが、それはそれでとても楽しみです」と声を弾ませた。

郷は、「ヒーローである時、刑事である時、娘に本気で接していく時、それぞれを真剣に演じることで、見ている人を同じ感覚に引き込みたいと思っています」と意気込みを語り、「その違いをぜひ楽しんで欲しいです。そして、僕がこのドラマをやらせていただくこと自体“世にも奇妙な物語”なのかもしれない……」とメッセージを伝えた。

さらに、娘の亜希を演じる上白石からもコメントが到着。今回の郷との共演について「本当に光栄なことで、今となっては幻のように貴重な撮影期間でした。郷さんは、国民的スターでいらっしゃるにも関わらずとてもフランクな方で、その紳士的なお心配りに感激しておりました。現場は郷さんの柔らかい雰囲気に包まれていて、短くも豊かな時間でした」と振り返り、「今の時代ならではの、不思議でありながら妙に現実味を帯びているストーリーです。どんな仕上がりになっているのか、私も楽しみに拝見しようと思います。ぜひご覧ください!」とアピールした。

PICK UP