山本舞香、ガールズバンドのギタリスト役で『ラジエーションハウス』第4話に登場

女優の山本舞香が、4月29日に放送される窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第4話にゲスト出演することがわかった。山本は、前クールの『トレース~科捜研の男~』に続き、2クール連続の月9出演となる。

本作は「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックを原作とした医療ドラマ。写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を中心とした、放射線科、通称“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

第1話から第3話までの平均視聴率が12%を上回り、好スタートを切った中で迎える第4話では、山本が22歳の大学生・坂元美月役で登場。美月は、仲間たちと結成したガールズバンドのギター担当で、プロのミュージシャンを目指していたが、大学卒業に伴いバンドの解散が決定。2週間後の解散ライブを控えていた。大好きなメンバーとの最後のライブを絶対に成功させたいと願っていた美月だったが、その矢先に右肩の痛みに襲われ、甘春総合病院で診察を受けることになる。

今回、バンドのライブシーンの撮影が行われたライブハウス「Shibuya eggman」は、原作でも美月のバンドのラストライブが行われた場所。さらに、本作の主題歌を担当するMAN WITH A MISSIONが日本で初めてライブを行った場所でもある。山本はかつて、MAN WITH A MISSIONが楽曲提供を行ったCMにも出演しており、今回、夢の競演を果たすことになる。

山本は、今回のゲスト出演について、「出演が決まった時、素直にうれしかったです。主演の窪田さんとは今回がドラマ初共演になりますが、たまにご飯に連れて行ってくれる優しくて、頼もしい先輩です! 一生懸命がんばりますのでぜひご覧ください」とコメントを寄せた。

<第4話あらすじ>
唯織(窪田)は、友人を誘って飲みに行った帰りの杏(本田翼)と偶然出くわす。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が以前、股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。患者の画像所見と血液検査の結果が合わないと悩む杏の力になろうと、動き出す唯織。

あくる日、甘春総合病院にロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本)がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因を特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。

診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、裕乃は、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る。その曲は高校時代、バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても大切な、そして苦い思い出の詰まった「FLY AGAIN」と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたいと願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。そんな折、唯織は患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが……。