阿部寛『結婚できない男』13年ぶりの続編に歓喜!「世の結婚してない男性を癒したい」

13年前に放送され大反響を巻き起こした阿部寛主演のドラマ『結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の続編が10月からスタートする。前作同様、阿部は偏屈で独身の建築家・桑野信介を演じる。

2006年7月から9月にかけて放送された『結婚できない男』は、独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない40歳の独身・桑野が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を考えるまでの日常をリアルに描いたラブコメディ。“未婚”に対する斬新な捉え方を提示し、数多くのメディアで特集が組まれるなど、大きな話題になり、「結婚できない男」というワードは社会現象を巻き起こした。

そんな、「40歳独身男の本音炸裂ドラマ」とも言われた本作が、13年ぶりに復活。53歳になった桑野は、以前と同じマンションに一人暮らし。13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌していた。

前作では、女医の早坂夏美と交際にまで発展したものの、愛想をつかされてしまい、けっきょくは破局。再び心を固く閉ざしてしまった桑野は、独り身を謳歌する生活に逆戻りし、偏屈さにはより一層磨きがかかっている始末。

続編では、そんな桑野の運命の歯車が突然、動き始める。男女ともに生涯未婚率が上がっている現代において、将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない桑野の前に、様々な女性たちが登場。53歳になり、人生の折返し地点を迎えた“結婚できない男”の新たな物語が繰り広げられる。

今回の続編の制作決定にあたり、桑野を演じる阿部は、「ずいぶん長い間結婚してなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」と役への思いをコメント。撮影に向け、「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」と意気込んだ。