大澄賢也、モンスタークライアントの社員役で吉高由里子演じる結衣の壁に!?『わたし、定時で帰ります。』

大澄賢也が、4月30日に放送される、吉高由里子の主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話より新キャストとして出演することがわかった。大澄は、主人公・東山結衣(吉高)たちの前に立ちはだかるモンスタークライアントの社員役で登場する。

朱野帰子の同名シリーズを原作とした本作は、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”。「定時で帰る」がモットーの主人公・結衣が、曲者ぞろいの上司や同僚の間で奮闘する様を描く。吉高のほかに向井理中丸雄一KAT-TUN)、シシド・カフカユースケ・サンタマリアらが出演する。

TBSドラマへの出演は15年ぶりとなる大澄が本作で演じるのは、スポーツメーカーに勤務する肉体派社員の中西。ネットヒーローズにとっては癖のあるモンスタークライアントであり、結衣ら制作4部のメンバーに立ちはだかる。さらに大澄演じる中西の同僚役で、石黒英雄キンタカオも出演する。また、結衣の恋人・巧(中丸)の母親役に、お笑いコンビ「ピンクの電話」の清水よし子が決定。お菓子づくりが得意で、巧を愛情たっぷりに育ててきた諏訪治子を印象的に演じている。

今回の発表について、大澄と清水からコメントが到着。以下に紹介する。

<大澄賢也コメント>
吉高さんとは以前ご一緒したことがありましたが、向井さんやユースケさんとは初めてだったので、一緒にお芝居できるのが楽しみでした。現場の雰囲気がとてもよくて、途中参加でも居心地が良かったです。役柄ですが、僕は“筋肉はユニフォーム”だと思っているので、日頃から鍛えていることが活かせてうれしいです(笑)。このドラマのテーマである“働くこと”に関して、僕は昭和な人なので中西の言いたいことを理解できてしまう部分があるのですが、年齢を重ねているからと経験は過信してはいけなくて。今を生きているということを意識して、フラットに考えていかなければならないと思っています。僕のような昭和世代の人にも、働き方を改めて考えるのにぴったりだと思うので、ぜひ幅広い世代の方に観ていただきたいです。

<清水よし子コメント>
私には実際に娘がいるのですが、周りの一人息子さんがいる方を意識して演じました。息子がいて、お嫁さんが来たときというのを想像すると、娘のように可愛がりたい治子さんの気持ちがとてもわかります。主演の吉高さんは、現場の雰囲気をとても柔らかく盛り上げていて、すごく素敵な方だなと思いました。息子役の中丸さんも、立ち振る舞いが自然体で、接しやすく楽しい方でした。いろいろな役に共感できるドラマだと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

<第3話あらすじ>
巧(中丸)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高)のところに、晃太郎(向井)から最近公開になったファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。巧の両親への挨拶をドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに――。結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるも通じない。翌朝、何事もなかったように出社した来栖を咎めると、その直後に来栖は結衣を呼び出して辞表を提出する……。