金子大地、ゲイの高校生役で主演!恋人役は谷原章介『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』

金子大地が、ゲイをひた隠しに生きる18歳の高校生役で主演する、よるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』(NHK総合、毎週土曜23:30~)が、4月20日からスタートする。

同ドラマは、浅原ナオトによる小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」が原作で、主人公・安藤純(金子)は、自身がゲイであることは自覚しつつ、「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という“普通の幸せ”への強い憧れも持つ男の子。ゲイであることを隠して同級生で通称:三浦さんこと三浦紗枝(藤野涼子)と付き合い始めるが……。「ゲイ」「腐女子」という単純なラベリングに抗い「私」と「あなた」として誠実に関係を築き始める純と三浦さん。2人の姿は葛藤を抱えるクラスメイトや周囲の大人たちの心を波立たせていく。世間の“普通”と、自分が本当に欲しいもの――。その間のズレで悩んだことのあるすべての人へ。主人公の愛聴するQUEENの名曲に乗せて疾走する、軽やかで切実な青春ストーリー。

本作には、谷原章介が、純が「マコトさん」と純が呼び慕うゲイ・パートナー佐々木誠役で出演。誠は、詳しい素性は明かさないが、妻も子もいる会社員らしく……。また、小野賢章が、純がSNSでのみつながっている、謎に包まれた人物・ファーレンハイトの声を担当する。

<あらすじ>
同性愛者であることを隠して暮らす18歳の高校生・純(金子)と腐女子の同級生・三浦さん(藤野)。ある日、純は書店で三浦さんがBL(ボーイズラブ)マンガを購入するところに遭遇する。「BLはファンタジーだ、現実のゲイは汚い」という純に「それは現実のゲイの人に失礼」と猛抗議する三浦さん。純は、自分が実はゲイだということは母親・陽子(安藤玉恵)にも隠している。三浦さんに興味を持った純は、彼女が愛する同人誌イベントに同行する。一方、自分を自分として誠実に見てくれる純に惹かれる三浦さん。2 人は急接近し、幼なじみの亮平(小越勇輝)がお膳立てしたデートでついに純は三浦さんに告白される!

―「三浦さんとなら普通の幸せを手に入れられるかも。」三浦さんと順調にデートを重ね、いざセックスしようとするその矢先―。意外なことからぎくしゃくしてしまった2人は温泉に向かう。なんと純はそこで、ゲイ・パートナーのマコトさん(谷原)と鉢合わせする。純と三浦さんの恋の行方は? やがて、マコト、母・陽子、同級生たちにも波乱が起き、2人の関係はダイナミックに急展開していく――。