中村倫也、今度は「塾生代表」に!日テレGWキャンペーン『ゴールデンまなびウィーク』

中村倫也が、4月29日(月・祝)~5月5日(日)にかけて行われる日本テレビ系キャンペーン『ゴールデンまなびウィーク』の塾生代表に決定した。

『ゴールデンまなびウィーク』は、「新しい世界を、まなぶ。~ワクワク体験連発の1週間~」をテーマに、同局の番組が日本について楽しくまなぶという企画。また、このゴールデンウィークは、新元号になるタイミング。これから先の「新しい時代」、5年先、10年先、20年先、どんなワクワクする「未来」が待っているのか……何か「新しい一歩」を踏み出す機会にすべく、視聴者の「新しい世界」へのチャレンジを応援する1週間を目指し、様々な番組が「共通テーマのまなび企画」で連動予定となっている。

塾長は、昨年に引き続き、公私にわたり「楽しいまなび」を実践している所ジョージ。塾生代表には、映画・ドラマに引っ張りだこで様々な役をまなぶのに貪欲な中村が、さらに、塾生には、桝太一アナウンサーと、水卜麻美アナウンサーが続投となる。また、キャンペーンソングは、6年ぶりとなるニューアルバム発売決定で話題の、サカナクションの「新宝島」に決定した。

以下に、出演者のコメントを紹介する。

<所ジョージ コメント>
勉強はきっかけがないとやらないから、そのきっかけ作りができればと思います。勉強をしておくと、やがて豊かな人生を送れるということが伝わればと。大人になると皆、あの時勉強しとけばよかったと思うから、若い方にとっては、勉強のきっかけになり、大人の皆さんにとっては、新しい情報を得ることにつながるようなまなびウィークになればいいですね。何マジメなこと言っているんだろ(笑)。

<中村倫也 コメント>
僕は、大人になってから好奇心や探究心が芽生えてきた人間で、ちょっと気になること、例えばレコーダーの仕組みや照明がついている理屈とかを調べていったら、新しい発見があること、「まなぶ」って楽しいってことを知ったのが、大人になってからなんですね。ゴールデンウィークなので、ぜひ、ご家族でご覧いただいて、楽しくまなぶ、ひとつのきっかけになればいいなと思います。

<桝アナウンサー コメント>
自分は30代後半になってきて、「まなぶ」ということを段々しなくなってきた人間なのですが、最近、娘を見ていると、何でも「まなびたい」という気持ちが見えてくるのです。今回、娘と一緒にまなぶつもりで、あらためて「新しい知識を入れる」ことが楽しいということを、思い出したいと思います。

<水卜アナウンサー コメント>
今まであまり疑問を持たずに生きてきて(笑)、そもそも何をまなべばいいかよくわからないなと思ったので、まなびウィークを通じて、何に疑問を持ったら楽しいのかを見つけ、「まなぶ」ことでワクワクする気持ちを思い出したいです。

PICK UP