16頭のパンダの繁殖に成功!飼育の裏側に潜入『探検バクモン』

3月13日放送の『探検バクモン』(NHK総合、毎週水曜20:15~)は、「パンダの赤ちゃん 飼育の裏側に潜入!」と題して、和歌山の動物公園に潜入する。

同番組は、MCの爆笑問題が、“立ち入り禁止エリア”や“超巨大施設のウラガワ”など普段は滅多に見られない場所を大冒険し、真相に迫っていく教養番組。

番組では、生後6か月のカワイイ赤ちゃんパンダの希少な生態を目撃。一行は、これまで16頭のパンダの繁殖に成功している和歌山の動物公園の普段は入れないバックヤードに潜入し、知られざる赤ちゃんパンダの生態に迫るほか、パンダのエサやりに挑む。さらに準絶滅危惧種のエンペラーペンギンの繁殖を支えているユニークな飼育法を教わる。

パンダを24時間体制で観察してきた緻密な記録や飼育から、希少動物と人との深い関係が見えてくる。