菅田将暉『3年A組』生徒30人のサプライズ誕生日祝いに「いい生徒を持ちました」

放送中のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)で主演を務める菅田将暉が、2月21日に26歳の誕生日を迎えた。きょう22日、同ドラマの撮影スタジオで、景山澪奈を演じる上白石萌歌を含めた全30人の生徒が勢ぞろいし、1日遅れの菅田のバースデーをサプライズ演出でお祝いした。

この日、集合写真を撮影するため菅田が生徒全員の待つ教室に入ると、黒板に「HAPPY BIRTHDAY」「菅田将暉先生へ」といったメッセージと、生徒それぞれが描いた菅田の似顔絵がズラリ。菅田が顔をほころばせながら驚いていると、『3年A組』の主題歌であるザ・クロマニヨンズの楽曲「生きる」のイントロが流れ始め、生徒全員が菅田を囲んで大合唱。生徒たちは手拍子をしながらノリノリで踊り、兵頭新役の若林時英はエアギターをかき鳴らすなど大盛り上がりとなった。

そして菅田も生徒たちに合わせて手拍子をし、一人ひとりの顔をじっくりと眺めながら教室を一周。さらに、「2月21日は菅田将暉さんのお誕生日です!」の声で、柊の写真が飾られたケーキが登場。生徒全員によるバースデーソングの合唱と共に茅野さくら役の永野芽郁が菅田にケーキを渡し、菅田が勢いよくろうそくを吹き消すと、「ハッピーバースデーブッキー!」と生徒たちから大きな拍手が巻き起こった。

そんな温かい生徒たちの姿に菅田は「涙がとまりません」と涙を拭うしぐさをして笑いを誘い、「いい生徒を持ちました、ありがとうございます。残りの撮影もよろしくお願いします!」と満面の笑みを見せた。サプライズの成功を喜びながら菅田を笑顔で囲む生徒たちの様子に、3年A組の温かく強い絆が感じられるバースデー・サプライズとなった。

『3年A組』の放送も残すところ、あと3回。2 月24日には、第2部のクライマックスとなる第8話が放送される。景山の死の真相は? 柊の目的は果たされるのか!?