須賀健太の凶暴な演技に注目!限りなく“クロい”被疑者の裁判の行方は『イノセンス』第6話

坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第6話が、2月23日に放送される。

本作は、有罪率がほぼ100%といわれる日本の裁判で、無実の人の冤罪を晴らすため、一風変わった若手弁護士の黒川拓(坂口)が、和倉楓(川口春奈)ら事務所の仲間や科学者、ジャーナリストらの協力を得て、事件解明に向けて奔走するヒューマンリーガルエンターテインメント。

第6話では、殺人の罪に問われる「樽前物産」の一人息子・樽前裕也役として須賀健太が、樽前家の家事使用人・有珠田義信役として吹越満がゲスト出演する。

<第6話あらすじ>
楓(川口)は、かつて東央大生だった秋保(藤木直人)の妹が殺され、交際相手の理工学部の学生が有罪判決後に自殺したことを知る。弁護を担当したのは湯布院(志賀廣太郎)のパートナーだった別府(杉本哲太)の兄。そして担当検察官は拓(坂口)の父・真(草刈正雄)だった。混乱する楓に、穂香(趣里)は関係者が今も事件を引きずっているのは冤罪の可能性があったからだと話すが、拓が冤罪にこだわるのには何か別の理由がある様子。

そんな中、拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀)の弁護を担当する。友人の新島彰を射殺した疑いをかけられている裕也は、被疑事実を否認しているものの状況証拠が揃い限りなく黒い上、本人の評判も最悪。樽前家を訪ねた拓たちは、住み込みの使用人・有珠田(吹越)から、事件当日は裕也が部屋にこもって楽器を弾いていたと聞く。自称ミュージシャンの裕也は日頃から大音量で楽器を弾くため近所から苦情が来ていたというが、事件当日に楽器の音を聞いた人は見つからない。その頃、事務所には殺された新島の母(山下容莉枝)が、人殺しの弁護をやめてくれと直談判に訪れていた。

裕也のアリバイが固められない中、なんと穂香の息子・晴斗が誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く。新島の母が誘拐したと直感する拓だが、なんと数日前に事務所に来た女は新島の母を装った別人だったと発覚。脅迫がエスカレートし晴斗の安否が心配される中、拓は弁護を降りずにギリギリまで粘ると言い張る。果たして拓は事件の真相を暴き、晴斗を救うことができるのか!?