東方神起からSPコメントも!TRF・SAMが話題沸騰の「ダレデモダンス」をレクチャー

TRFSAMが、2月6日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)に出演。SAMが考案し話題沸騰となっている「ダレデモダンス」の誕生秘話を語るほか、東方神起から『梅ズバ』だけにスペシャルコメントが寄せられる。

同番組は、MCの梅沢富美男が楽屋で聞いた面白そうなうわさ話を「直接本人に聞いて確かめてしまおう!」というトークバラエティ。この日は「アンチエイジングSP」と題して放送する。

SAMがスタジオに登場すると、ゲストらは歓声とともに「まさかのSAMさん!」「髪がさらさら!」と大興奮。梅沢の「失礼ですが、おいくつに?」との問いに「57です」と答えたSAM。その変わらない容姿にさらにスタジオが騒然となった。

そんなSAMがアンチエイジングを目的に考案し、話題になっている「ダレデモダンス」は、どうやって生まれたのか? VTRに登場したのは、医師の丸山泰幸氏。このダンスは、彼と2年もの時間をかけて作り上げたのだが、SAMは「実は、彼はいとこであり、高校の後輩」と紹介。SAMの実家は埼玉県で設立68年を迎える丸山総合病院を経営しており、父はもちろん、男兄弟は全員医師というまさに医者一族。当然SAMも幼い頃から医師になることを期待されていたものの、ひとりダンサーに。当時のことをSAMは、不良仲間と行ったディスコにすっかりはまってしまって……と告白する。

いとこの丸山医師は3年前、SAMのダンスイベントで楽しそうに踊る高齢者を見て「これはリハビリで絶対いける!」と確信したという。心のどこかでずっと医師になれなかった自分に劣等感を感じることもあったというSAMも、「ダンスを使えば自分も医療に役立てる」と思い、丸山医師と協力し、健康エクササイズの開発に踏み切ったという。スタジオにはCHIHARU、ETSUの2人も登場し、「ダレデモダンス」を伝授してもらう

そんな大活躍のSAMは、東方神起のダンス、ライブ演出などを手掛けていることでも知られているが、今回その東方神起の2人から『梅ズバ』だけにスペシャルコメントが届く。

さらに番組では「きな粉」も大特集。日本食糧新聞が「成長が期待できる食糧」を予想する「2019年上期・食品市場天気予報」では、102の食品カテゴリーの中でトップ5にランクインするなど、食品業界も大きな注目を集めている。大豆食品の中でも食物繊維の量がトップクラス。食物繊維を多く含むことによって、老化防止に役立つという。今回、美のプロたちから支持を集める、ファッション&ライフスタイルプロデューサーのAtsushiが考案する、きな粉を使った「アンチエイジングスープ」のレシピを大公開する。

そして、番組ではテニス界のお金事情にも迫る! 昨年の全米オープンに続き、先月の全豪オープンでも優勝し、ついにアジア勢初の世界ランキング1位となった大坂なおみだが、21歳にして生涯獲得賞金は11億円を超えたと報じられるなど、彼女のお財布事情も気になるところ。そこで、かつて世界を沸かせた元プロテニスプレイヤーの沢松奈生子をスタジオに迎え、梅沢がズバッと迫る。

沢松いわくトップテニスプレイヤーの全収入は、(スポンサー契約など、いろいろなものがあって)賞金の10倍にものぼるとのこと、大坂が獲得した賞金を単純に10倍すると……スタジオはその果てしない額を想像し騒然となる。さらに、試合の賞金は当日払いなの? など素朴なギモンに、沢松が自身の経験を元に語り尽くす。