石橋貴明、ハイレグ美女に「ボーボー?」とまさかの質問!飲尿健康法も実践

みうらじゅんが、1月6日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系、毎週月曜23:15~)にゲスト出演。とんねるず石橋貴明と、ハイレグ水着ブームや飲尿健康法ブームなどについて語り合った。

同番組は、忘れかけていた「日本のちょっと前の話」に詳しい石橋とミッツ・マングローブが、「勝手に語り継ぎたいアレコレ」をゲストと共に掘り起こし、「あ~、あったねぇ~! 懐かしい~」という思いを共有するトークバラエティ。今回はみうらをゲストに迎え、語り継ぎたい「日本がどうかしてたあのブーム」を振り返った。

80年代、日本のビーチを席巻していたのがハイレグ水着。脚を長く見せる、セクシーで人目を引く、動きやすい、涼しいなどの利点で爆発的に大ヒット。当時の水着の売り上げの8割をハイレグ水着が占めていたという。

みうらは「剃り跡が気になったんですよ」とポツリ。石橋も「ボーボー系はポツポツしていた」と食いついた。その後、ハイレグ水着に身を包んだ3人の美女がスタジオに登場すると、石橋は「ボーボー?」と質問して苦笑させていた。

続いて、90年代に流行した飲尿健康法の話題へ。飲尿健康法とは、自分の尿を飲んで健康を増進させる健康法で、日本では鎌倉時代から行われていたという。ある著書がきっかけでブームとなったが、90年代の中頃になると科学的有効性が充分でないとしてブームは下火に。しかし、現在でもこの健康法を実践している人は数万人いるといい、ある医師は「軽い食物アレルギーがあったんですけど、少し改善してきています」とその効果を説明した。

スタジオでミッツは「あの先生が出すおしっこがいいんじゃない?」とツッコミ。みうらも「個人差があるんじゃないかって当時思ってた」と回顧した。そんな中、石橋は「僕やってました!」と告白。「古舘(伊知郎)さんがやっていて。普通のグラスで飲むんじゃなくて、一番お気に入りのバカラのグラスで。だから、僕もお気に入りのバカラのグラスで朝、グァーって飲んでましたよ」と明かして、みうらとミッツを驚かせていた。

PICK UP