吉田栄作「同年代も楽しめるしっかりしたドラマ」坂口健太郎主演『イノセンス』第1話にゲスト出演

坂口健太郎が、川口春奈藤木直人ら仲間と冤罪に取り組む弁護士役で主演するドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』(日本テレビ系、2019年1月19日スタート、毎週土曜22:00~)の第1話に、吉田栄作がゲスト出演することがわかった。

同ドラマは、有罪率ほぼ100%の日本の裁判で、「冤罪」を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして「科学」を武器に、弁護士・黒川拓が逆転劇に挑むヒューマンリーガルエンターテインメント。脚本は、ドラマ『明日の約束』『ハゲタカ』などを手がけた古家和尚が務める。

坂口扮する拓は、保駿堂法律事務所に所属する弁護士。不可能に近いとされる「冤罪弁護」に積極的に立ち向かい、何度か勝利した実績を持つ。先入観や思い込みを基にした捜査に対し、その矛盾点を突き、現場で起きた事象を実験で再現し事件の解明に挑む。

吉田が演じるのは、自宅に放火した疑いをかけられた阿蘇重雄。妻・恵美子が不在の日に事件が起き、保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないという。その後、拓は、生気無く自白内容を認める重雄に“ある質問”を投げかけ、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる……。果たして、この事件にはどんな真実が隠されているのか?

以下に、吉田のコメントを紹介する。

<吉田栄作 コメント>
冤罪は世の中に実際に存在しているし当事者にはいろんな思いがあると思うんです。だから自分がもしこの立場だったらと想像してリアリティーを生み出していこうと思いました。僕が演じる阿蘇重雄には息子がいて、病弱の奥さんがいて、その中で自宅に放火したというあらぬ罪をきせられて……警察の取り調べに対するやるせなさ、くやしさ、諦め、などがあると思うんですけど、監督が何度もリハーサルを重ねてくれたのでその世界観の中にスーッと入っていけたので良かったです。(共演した)坂口健太郎さんが演じる黒川拓は一風変わった感じの役どころで、既存のものに同調しないというか、自分の志がこめられているなと思いました。彼も第1話だから手探りで大変でしょうけど、貫いて演じているなと感じました。自分も20歳ごろから同世代が楽しめる作品に出演してきましたが、やはり年齢が上がってくると登場する場所や役割が変わってきますよね。『イノセンス』は自分と同年代の大人の視聴者の方もリビングで楽しめるしっかりとしたドラマになっていると思います。

<第1話あらすじ>
保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川拓(坂口)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。訳あって大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉楓(川口)は、不本意ながら拓を手伝うことになるが、独特のペースに振り回されてストレスが溜まるばかり。この日も拓は冤罪事件に関心を持つ報道ディレクター・有馬聡子(市川実日子)の取材をドタキャンし、勝手に依頼を受けていた依頼人との約束を優先させる。

依頼人・阿蘇恵美子の夫・重雄(吉田)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。阿蘇家には借金があり、偶然にも恵美子が不在の日に事件が起きたことから保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないと言葉を詰まらせる。拓は火事の際に重雄が慌てて持ち出したという戦隊ヒーローのフィギュアに興味を示す。それは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄の形見の品だった。

早速接見に向かう拓と楓だが、今回の事件はすでに被疑者の重雄が自白済み。弁護方針を尋ねる楓に拓は、警察の調書が犯人像をイメージしやすい“よく出来た調書”だったと言う。さらに拓は、生気無く自白内容を認める重雄に“ある質問”を投げかけることで、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる。

翌日、火事のあった阿蘇宅跡で証拠写真を撮る拓と楓、パラリーガルの城崎穂香(趣里)は、集まって来た小学生たちから“ユキオの呪い”で火事が起きた、と気になることを言われる。実は幸雄が亡くなったのは廃工場で花火をしていた際の失火が原因だった。そんな中、所長の別府長治(杉本哲太)から呼び出された楓は、事務所の利益に無頓着な刑事事件担当の拓やベテラン弁護士の湯布院和人(志賀廣太郎)が暴走しないように監視役を任命される。冤罪にこだわるあまり警察や検察に批判的すぎる拓たちは、別府からあまり良く思われていないようで……。

そして迎えた公判初日。重雄の取り調べをした刑事・下呂が証人として出廷するが、下呂の挑発に乗った重雄は法廷で暴れ、心証を損なってしまう。さらに、検察側は弁護側が主張する1階の押入れにあったストーブからの失火を科学的に否定し、弁護側は窮地に!!

そんな状況でも焦った様子もなく再び現場に足を運ぶ拓にイラつきを抑えられない楓は、少しでも刑期を軽くするための情状弁護に切り替えることを提案するが、拓は意外な答えを返す。そして、拓が最後に向かったのは大学の実験施設。待っていたのは物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保恭一郎(藤木)。そこで楓が目にしたのは想像を超える拓の大暴走!? 果たして放火事件の真実と裁判の行方は……!?