羽生結弦や大坂なおみのそっくりさんも登場!小川菜摘は夫・ダウンタウン浜田の歌まねに動揺

日本一のものまね王者を決定する金曜プレミアム『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスぺシャル』(フジテレビ系)が、11月30日(金)19時から約4時間にわたり放送。フィギュアスケートの羽生結弦選手やテニスの大坂なおみ選手など、今年話題になった人のものまね芸人も登場する。

今回も、2018年度の王座を賭けて、ものまねのプロ・アマがトーナメントバトル形式で激突。懐かしの昭和歌謡曲から今話題のJ-POPまで、本人顔負けの歌声を披露する。また、スタジオでの対決の他に、裏側密着カメラが出場者の本音を引き出し、「本気度」と「緊張感」を比べる企画も実施。さらに、1973年から始まった『ものまね王座決定戦』の名シーンをプレイバックする企画では、意外な人物がものまねを披露している驚きの貴重映像が公開される。

トーナメント1回戦では、昨年の王者・エハラマサヒロ三浦大知の「(RE)PLAY」を歌いながら踊るというハイレベルなものまねを披露。一方、山本高広は浜田ばみゅばみゅの「なんでやねんねん」を歌唱。あまりの完成度の高さに審査員で浜田雅功の妻・小川菜摘も動揺してしまう。

そして今回は、羽生選手のものまねで人気上昇中の羽生ゆずれないや、大坂選手のものまねで突如現れたものまね界のダークホース・小坂なおみ明石家さんまの“ご本人公認”ものまね芸人ほいけんたらが、初出場。ご本人そっくりのルックスで別アーティストの名曲を披露する。

出場者全28組による熾烈なものまねバトルが繰り広げられる今回、収録を終えた司会の今田耕司東野幸治は、「今年は絶対見た方がいいです。むちゃくちゃ(レベルが)高い」(今田)、「好勝負ぞろいでしたから、盛り沢山の4時間になりそうですね」(東野)とアピールした。

また、司会のフジテレビの西山喜久恵アナウンサーは、小坂について「あの小坂なおみさんが歌上手だったのがびっくり」と驚き、山崎夕貴アナウンサーは初登場の声優・加藤健が披露した森山直太朗のものまねに注目。「加藤健さんの森山直太朗のものまねは今までたくさんの人がものまねしてきたと思うんですけど、サビだけじゃなくてAメロBメロも似ていて本当に凄いなって思いました」と絶賛した。