木村佳乃が木村多江と壮絶ビンタ合戦!新ドラマ『後妻業』で関西弁の悪女に変身

女優の木村佳乃が、2019年1月22日にスタートする新ドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)で主演を務めることがわかった。木村は、“後妻業”をなりわいとする関西弁の悪女に挑戦。また、木村を支える共演者に、高橋克典木村多江伊原剛志が決定した。

このドラマは、直木賞作家・黒川博行氏の同名小説を原作に、資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う“後妻業”の姿を描いた痛快サスペンス。過去には、大竹しのぶ主演で『後妻業の女』として映画化され、モントリオール世界映画祭でも上映されたこともある注目作だ。木村(佳)が演じるのは、男をたぶらかすのが天才的な“後妻業”のエース・武内小夜子。大阪が舞台ということもあり、東京出身の木村(佳)も関西弁で小夜子を演じる。

そして今回、物語を彩るその他のキャストと役柄も発表。高橋が演じるのは、表向きは結婚相談所「微祥」の経営者だが、実際は小夜子たちが行う“後妻業”の黒幕である柏木亨。金と女が大好きで、小夜子を筆頭に、“後妻業”をなりわいとする女を何人も抱える元締めに扮する。

木村(多)が演じる中瀬朋美は、父親が“後妻業”のターゲットにされた娘。縁遠くなっていた父親が、病院に運ばれ、駆け付けたところで初めて小夜子が父親の後妻となっていることを知らされる。父親の遺産を守るため、明美は小夜子と壮絶な舌戦やビンタ合戦を繰り広げる。

伊原が演じるのは、元大阪府警のマル暴刑事の私立探偵・本多芳則。刑事時代に警察の情報をヤクザに流したことが発覚し、退職。探偵になってからは、大学のゼミの後輩である朋美から“後妻業”の調査依頼を受け、小夜子と柏木の秘密に迫り、2人を追い詰めていく。

ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲や思惑がうごめく一方で、4人の男女の恋模様も複雑に絡み合っていく。サスペンスと大人のラブストーリーが融合した本作には、高橋や伊原ら男性陣も気合十分。「刺激的なストーリー展開と、一人ひとりの魅力的な役の“ちょっとヤバイ世界”にハマってくださることを願います」(高橋)、「克典氏と、50歳半ばの男の色気を競演できるのを楽しみにしています。大人の色気、楽しさ、妖しさを、この『後妻業』で楽しんで頂ければ幸いです。久しぶりの連ドラ、ちょっと興奮しています」(伊原)とコメントを寄せた。

W木村として、小夜子と壮絶なバトルを展開する木村(多)は、「騙し騙され、滑稽な、思わずクスクス笑ってしまうバトルが繰り広げられます。人間たちの糸がもつれて行き、愛おしさがじわじわにじむ楽しいドラマです」とアピール。そして主演の木村(佳)も「これは大変だぞ! と思いました。どんな事になるか今はまだ想像もつきませんが、とにかく楽しみです」と意気込み、「観てくださる皆さんの期待をいい意味で裏切っていきたいと思っています! ぜひご覧ください」とメッセージを伝えた。

PICK UP