千葉雄大に海外メディアも熱視線!主演ドラマ『プリティが多すぎる』スタート

千葉雄大が主演を務めるドラマ『プリティが多すぎる』(日本テレビほか、毎週木曜24:59~)が、10月18日からスタート。千葉は突如、原宿系ファッション誌に異動することになり、プリティ満載な職場にドン引きする編集部員・新見佳孝(にいみ・よしたか)を演じる。

本作品は、大崎梢の同名小説が原作。佳孝は、大手出版社で働く入社3年目で文芸編集部のエース。突然の異動に最初はふて腐れるが、徐々に「カワイイ」という文化に本気で取り組むことを決意する。「自分の居場所はここじゃない」と思いながらも、一生懸命働いている多くの人の背中を押す“お仕事ドラマ”だ。

なお、本作品は日本のほか韓国、台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイの9つの国と地域※で、同時期放送されることが決定している。(※1週間以内の同時期放送。配信も含む)なお、英語タイトルは『Way Too Kawaii!』。

千葉は、現在フランス・カンヌで開催されている世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」に参加。同見本市でドラマのワールドプレミアが行われ、アジア圏だけでなく、世界中から集まった総勢300人が「ジャパニーズKAWAII」の世界観に熱狂した。拍手の中登壇した千葉は、「みなさん、こんにちは! 本日はご来場いただき本当にありがとうございます! ドラマ本編を楽しんでいただけてとても嬉しいです。今日は皆さんとお話しさせていただくのをとても楽しみにしていました。最初にドラマのタイトルを聞いたときは『カワイイをやらなきゃいけないのかな』とちょっと困惑した部分もありました。僕はもう29歳なので! だけど実際に僕が演じる役は、カワイイを受け入れられない野心的な大人の役柄だったので、逆に今回の役に興味を持ちました」と流ちょうな英語であいさつした。

ワールドプレミアに参加したロシアのTV局のバイヤーは、「KAWAIIという言葉の意味が理解できた。現代日本のローカルな感覚を知ることができて、特に若者には興味深いテーマ」。ドイツの放送局は、「南吉(佳孝のニックネーム)と共にKAWAIIを知る旅に出かけることが出来た。特に若者は日本のファッションに関心があるので、海外でも大きな可能性を感じる」などと、評判は上々。また、海外の女性記者からは「29歳なんて信じられない! 彼ってとてもキュート」と驚きの声も上がっていた。

<第1話あらすじ>
大手出版社で働く新見佳孝(千葉)は、同期の近松吾郎(中尾明慶)も羨む文芸編集部のエース。しかし、ある日突然、編集長の柏崎龍平(杉本哲太)からファッション雑誌「ピピン」への異動を命じられる。ふて腐れて出社した佳孝を待ち受けていたのは勝気な佐藤利緒(佐津川愛美)をはじめ、くせ者揃いの女性スタッフ&ド派手ファッションのわがままモデルたちだった。「エリートの俺がなんでこんな仕事を!」カワイイ至上主義の世界に放り込まれた男子の運命は……!?

PICK UP