中村倫也、脚フェチの刑事役で『ドロ刑』出演!鋭い目つきで捜査

中島健人Sexy Zone)と遠藤憲一が、刑事と泥棒という異色コンビで難事件に挑む土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が10月13日からスタート。

同ドラマは、主人公の新米落ちこぼれ刑事・斑目勉(中島)と伝説の大泥棒(遠藤)という立場も世代も違う2人がバディを組み、時に協力し合い、時に反目しながら数々の難事件と難敵に挑んでいく痛快クライムエンターテインメント。

このコンビを盛り立てるのは、稲森いずみが演じる、捜査三課13係をまとめる天真爛漫な女性係長・鯨岡千里や、中村倫也が演じる捜査一課出身の元エリート・皇子山隆俊、石橋杏奈が演じるド天然の美女警察官・小平美紀、田中道子が演じる“近寄ってくる男はシカト!?”という警視庁科学捜査研究所研究員の霞沙織ら、個性的な面々。中でも、カメレオン俳優と称される中村が演じる皇子山は、「プライドが高く、犯人逮捕の為には手段を選ばない貪欲さを持つ熱心な刑事。ただし、かなりの変態で極度の脚フェチ」というキャラクターとあって、どんな芝居を見せてくれるのかにも注目したい。

<第1話あらすじ>
斑目は「公務員で安定している」という理由で警察官になったさとり世代の若手警察官。非番の日はプライベートを大切にするあまり、電車内の泥棒騒ぎを見て見ぬ振りをして自分の財布がすられたことにも気づかない間抜けぶり。しかし、その様子が警視庁の鯨岡(稲森)の目に留まり、なぜか窃盗犯専門の捜査三課の刑事に抜擢される。

刑事講習初日、喜ぶどころか定時に帰れなくなることに意気消沈する斑目は、バーで隣り合わせた男(遠藤)に愚痴をこぼす。呆れる男だったが、帰り際、斑目から「煙鴉(けむりがらす)さん」と声をかけられ、凍りつく。煙鴉というのは煙草の香り以外一切の痕跡を残さないという伝説の大泥棒。その姿は誰にも見せたことがないはずだが、斑目はその香りから男の正体が煙鴉だと見抜いていたのだ! 皇子山(中村)はじめ三課の刑事たちが喉から手が出るほど捕まえたいと思っているはずの自分に「今、オフなんで」と見向きもしない斑目に煙鴉は憤りを感じて……。

翌日、大物空き巣の“キツツキのマサ”こと瀬戸正次郎(高橋克実)の張り込み中に失敗し落ち込む斑目に、煙鴉は「お前に捕まえさせてやる」と声をかけると、ある場所に連れていき……。落ちこぼれ刑事と天才的大泥棒の危ういコンビがまさかの犯罪捜査!? 先の読めないスリリングな心理戦が幕を開ける!

PICK UP