マツコもギブアップ!半年で5000万円の投資金を集めた27歳美人社長が登場

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。9月29日の放送は、起業家たちが集まる高級シェアオフィスと中継を結ぶ。

中継班が訪れたのは、今年の8月にオープンしたばかりの原宿のシェアオフィス。ビルの1階から7階まで全てがシェアオフィスで、会員とそのゲストが利用できるという。登録しているのは、ここで働くことが人脈作りになると考える起業家や大企業のサラリーマン。

中継班がさっそくおしゃれなシェアオフィスの中へ入ると、今年4月に会社を立ち上げたばかりだという男女3人組に遭遇。誰が社長なのかを尋ねると、27歳の美女が手を挙げる。社長という肩書とのギャップにマツコは、「アタシもう無理~」と早々にギブアップ。

彼女はシェアオフィスでの人脈作りを成功させた1人。なんと半年で投資金の5000万円が集まったそうで、「コミュニティの力を実感している」と語った。

そんな彼女たちの働くオフィスは、シンプルな7人部屋。中に入ると、ノートパソコンだけが置かれていた。必要最低限の備品に、マツコも「スッキリしてるわね~」と感心。マツコ自身はまだペーパーレス化できていないそうで、「紙とか使わないの!? アホみたいに紙使うじゃないアタシたち。なんでもかんでも紙で。スケジュール表も未だにプリントアウトしてるわよ」と新しいワークスタイルとのギャップに驚いていた。

このほか、別のフロアでは、シェアオフィスに入って3日間で5件の商談が進んだという男性経営者も登場。シェアオフィスの利点を深掘りしていく。