『週刊少年ジャンプ』編集部をのぞき見『ONE PIECE』作者との打ち合わせ電話も…

オードリー若林正恭春日俊彰)がMCを務め、ひとつの場所に100台の固定カメラを設置して、人々の“生態”を観察する番組『のぞき見ドキュメント 100カメ』(NHK総合)が、9月17日(月)22時45分から放送される。

今回のぞき見する舞台は、毎週175万部を発行する日本一売れる雑誌『週刊少年ジャンプ』編集部。創刊50年、ヒットを続ける秘密は何なのか――。各編集者の机、足元、会議室、廊下、冷蔵庫の中まであらゆる角度から観察すると、個性的な編集者たちの決定的な一瞬や、どの職場でもありそうな、思わず「あるある」と共感する人間関係が明らかになる。

若林は収録を終え、「仕事の現場は淡々としているのかと思いきや、さすが『ジャンプ』、人間と人間のぶつかり合いがあって、熱い気持ちになれました。ただ、全編通して脂ぎっていたので、すっきりとしたフルーツを食べながら見たほうがいいかもしれないです」と感想を。

一方、相方の春日は「9歳の時から30年間毎週欠かさず『ジャンプ』を愛読しています。この番組には、カメラを100台設置したからこそ見られた映像や人間関係がいっぱいありました。春日がうなった番組です」とアピールしている。

100台のカメラには、『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎と今後のストーリーを考える打ち合わせの電話や、新連載が決定した会議の様子などのお宝映像も盛りだくさん。普段は見ることのできない編集者たちの姿に注目だ。