千鳥ノブ、指原に浮気否定も「肌出したさっしーが横に座ってると興奮して…」

千鳥大悟ノブ)が、8月29日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。番組の調査とインタビューで彼らの意外な一面が披露された。

ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとに、チュートリアル徳井義実フットボールアワー後藤輝基HKT48指原莉乃SHELLYがトークを繰り広げる同番組。今回は、「千鳥と千鳥を知らない女」と題して、2人のほかに秋吉久美子が登場した。

今では女性からの支持もある千鳥だが、後藤曰くデビュー当時は「ガラが悪かった」という。同じ舞台に立った際、ボロボロの靴を履いていたため、後藤がイジると「どこいじっとんじゃ」と睨まれたとのこと。大悟は照れながら「あの時の自分を殴りたい」と語った。

番組が、彼らの周囲にいる女性にインタビューをしてみると「優しい」との声が多かったのだとか。マネージャーの岸さんが結婚した時には、千鳥が実家に行って両親に挨拶をしたそう。ノブは「東京に来た時に最初についてくれたマネージャー」だと紹介した。そんな岸さんの結婚相手が、大阪時代の初代マネージャーだったこともあり、3人で直接挨拶に行ったのだとか。千鳥を親族や親戚が囲んだ写真が披露されると、徳井は「『A-Studio』ですよ」と揶揄。スタジオは笑いに包まれた。

ここで、父親としての大悟をフィーチャー。7歳の娘と4歳の息子がいるのだが、仕事が忙しいこともあって年に1~2回しか遊びに行くことができないという。さらに、毎日酒を飲んで帰ってくるため、子どもたちは「たまに来るおじさん」という認識なのだとか。

続けて奥さんと結婚した理由を尋ねられると「ウチの親を大事にするところ」と照れながら回答。女性とのスキャンダルが週刊誌に載った際には「怒られた」と回顧した。雑誌が発売される前に「1文字も合ってない。全部ウソ書いている」と言い訳すると「ほー大芝居打ってきたな」と言われたことを明かし、徳井らを笑わせた。

対するノブは、女性とのスキャンダルがほぼないため、後藤は「絶対に狙われている」と注意喚起。ノブ自身「何もしていない」と言うのだが「(浮気をしていないため)パネラーで横に肌出したさっしー(指原)とかが座っていたら興奮してくる」と笑いながら懺悔した。