向井理、上戸彩と夫婦役に!東京パラリンピックを盛り上げるために奮闘した医師の物語

向井理上戸彩が夫婦役で出演する『スペシャルドラマ 太陽を愛したひと〜1964 あの日のパラリンピック〜』(NHK総合)が、8月22日(水)22時から放送される。

同ドラマは、“社会の常識”と戦い東京パラリンピックを成功に導いた伝説の医師の感動の物語をドラマ化。主人公を向井、その妻を上戸が演じ、志尊淳安藤玉恵飯豊まりえ山口馬木也尾上松也田山涼成松重豊岸惠子らが出演する。

1960年、整形外科医の中村裕(向井)は研修先のイギリスで、スポーツを取り入れた障がい者医療を学んだ。帰国した中村は障がい者スポーツを広めようとするが、日本はリハビリという言葉すらなかった時代で、同僚からも理解を得られず抵抗にあう。

しかし、ある少年との出会いをきっかけに、車いすバスケットボールを少しずつ普及させていく。そして、「第2回のパラリンピックとなる東京パラリンピックを実現させよ」という驚きのミッションが。

再び彼の前に立ちはだかる社会の常識という壁。障がい者の家族からも「見せ物にしないでほしい」と反対の声がでるが、家族や仲間の支えで、次々と突破していく。