菜々緒、看護師役で『ほん怖』初主演!平祐奈は制服姿で逃げまくる女子高生

菜々緒ガンバレルーヤよしこ平祐奈が、8月18日(土)放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2018-』(フジテレビ系、21:00~)で主演を務める。

同番組は、1999年に放送スタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現し、恐怖VTRを見た稲垣吾郎をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番となっている。すでに神木隆之介の出演が発表されている。

『ほん怖』二度目の出演となる菜々緒は、「毟り取られた居場所」に主演。病院の内科で働く看護師・村田久美子を演じる。久美子は、亡くなった高齢の入院患者が手放した黒竹の植木鉢をこっそり自宅に持ち帰るが、ある夜、寝ているといるはずのない猫の声が聞こえてくる……。

菜々緒は「幽霊が見えるというお話とはちょっと違って“物の念”のお話なので、誰にでもついてまわるようなリアリティーがあって、ちょっと怖いなと思いました」と他の話とは違った怖さがあると語る。「リアリティーがあるゾッとするお話なので、夏の『ほん怖』を見てひんやりした気持ちになってもらえたらいいなと思います」とメッセージを寄せた。

ドラマ初出演となるガンバレルーヤは、よしこ本人が体験した“遺品整理”がテーマの「ナニワ心霊道」に出演する。さらに初主演のよしこは、「小雪さんを意識するといいますか(笑)、いつもは芸人として意識してましたが、今回は女優として小雪さんを意識しながらやっています」と独特の意気込み。相方のまひるは、「私達が体験した恐怖をみなさんにも共有してもらえたらうれしいです。ぜひ家族みんなで怖がってください」とコメントしている。

また、平は「薄闇に浮かぶ陰影(仮)」で、引っ越したばかりの慣れない田舎で山道に迷い込んでしまった女子高校生を演じる。プロデューサーの太田大は平の起用について、「今回の物語の中では、もっとも瞬発的な怖さが多く起こる物語なので、とにかく逃げる姿が絵になる瑞々しい方に演じていただきたく、平さんにお願いしました。制服姿で逃げまくる平さんとともに恐怖を感じていただければと思います」と語っている。

PICK UP