波瑠が“愛されワンピ”姿に!伊勢谷は風間と一触即発!?『サバイバル・ウェディング』

波瑠が、7月28日に放送される『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)第3話で、“愛されワンピ”姿を披露する。

同ドラマは、大橋弘祐の小説「SURVIVAL WEDDING」を原作とした痛快コメディ。勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまう主人公・黒木さやか(波瑠)が、「半年以内に結婚しないとクビ!」という条件で復職させた敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)のアドバイスを受けながら婚活に奮闘する物語。第3話でさやかは、これまでの古着やジャージ姿から大変身。黒のドレスが似合う洗練された大人の女性として振る舞う姿が放送される。

また、自称“日本一恋愛に詳しい男”宇佐美が、さやかに命じる海外ブランドのマーケティング手法を駆使した恋愛戦略もドラマの見どころの1つ。SNSでは、「伊勢谷演じる編集長の言ってることはまさしく正論で納得」「編集長の例え話がわかりやすくて、納得させられる」「言い方ムカつくけど納得」と、クセの強いキャラクターから発せられる論理的な恋愛戦略に頷く声が続出している。

そんな宇佐美が、今回ついに自ら恋愛テクニックを披露する。なんと、さやかの元婚約者・和也(風間俊介)の彼女・カオリ(石田ニコル)を、和也の目の前で口説くという、超アラワザを繰り出す。ブチギレの和也と一触即発となるが、果たして直接対決の結末は?

また、さやかが出会う広告代理店営業マン・祐一を演じる吉沢亮の存在も毎回話題に。「サバイバルウェディングの吉沢亮がイケメンすぎて辛い」 「吉沢さん爽やかイケメンすぎる眩しい」「吉沢亮は王子だ!!」など、SNS上で反響を呼んでいる。今回、さやかと祐一がともに取り組んできた川村製薬のタイアップページのデザインがついに決着。仕事が一段落し、このままさやかと祐一の関係は途絶えてしまうのか? それとも……?

<第3話あらすじ>
なんとか新連載をスタートさせたさやか。つまりさやかの結婚までに残された時間は、あと連載5回分の5か月だけ。焦るさやかに宇佐美が授けた次なる作戦は、自分のような超ハイブランドな人間ではなく、“アクセシブル・ラグジュアリー(=手の届く高級品)”のような女性を目指すこと。そのためにさやかは、顧客(=男性)のニーズに合う“愛されファッション” を宇佐美チョイスで買いそろえに行くことに。しかし、宇佐美に押し切られて買った愛されワンピを、さやかは祐一との 打ち合わせに着ていく勇気がなく……。

PICK UP