日テレ新人アナ、ケツバットの洗礼!?初イベントで噛み倒し

日本テレビの新人アナウンサー、市來玲奈岩田絵里奈篠原光弘竜太郎が7月26日、同局で行われた『超☆汐留パラダイス!-2018SUMMER-』のキックオフイベントに登場した。

7月27日(金)から8月26日(日)までの間、東京・汐留の日本テレビ周辺で行われる、恒例のイベント。今年は人気店「和キッチンかんな」とコラボしたかき氷が登場するほか、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』からの人気企画「絶対に笑ってはいけない“はいけない”汐留バスツアー」も行われる。

公のイベントは初登場となる4人。将来の目標を聞かれると、生き物好きで知られる市來アナは「カメレオンアナウンサーです」とにっこり。「カメレオンはいろいろな色に体の色を変えるんですけど、私も臨機応変に常にその現場に合わせて自分の表現力を変えていける、何にでも対応できるアナウンサーになりたいです」と目を輝かせた。

筋肉が自慢という弘アナは、「日テレのお祭りアナになりたいと思っております」とし、「中学生のとき初めて見た『世界の果てまでイッテQ!』に衝撃を受けました。日本テレビで働きたいと夢を与えてくれました。そこで今度は私が働き手になり、いつかは大好きな『イッテQ!』の、その中でもお祭り男になって日テレをより一層盛り上げたい」と熱く意気込んだ。

司会を務めるベテランの菅谷大介アナが「ちょっとでも噛んだら罰」と忠告する中、アンバサダーとしてイベントの内容を紹介をしていく4人。しかし篠原アナは緊張のせいか噛んでしまい、「絶対に笑っては~」でおなじみのケツバットを受けることに。体力には自信があるという篠原アナだったが「テレビで見てたやつだー」と悶絶。その後、弘アナは、かき氷の上に載ったパインをレモンと間違って伝えてしまい、ケツバットの洗礼を受けた。

最後はその菅谷アナも原稿を噛んでしまったためケツバットを受けることに。ベテランらしい豪快なリアクションに会場は大盛り上がりとなった。

PICK UP