佐野岳『絶対零度』で物語のキーマン!大手企業の御曹司役に抜擢

公開:

俳優の佐野岳が『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話(7月23日放送)にゲスト出演し、大企業の御曹司・湯川司役を演じる。

本作は、『絶対零度』シリーズの7年ぶりとなる新作。主人公は、これまで上戸彩が演じてきた女性刑事・桜木泉から、月9初主演となる沢村一樹が演じる元公安のエリート刑事・井沢範人に変更。井沢率いる「未来の犯罪の予測と捜査」を目的とした“未然犯罪捜査チーム”が、未然犯罪捜査システム「ミハン」の割り出した危険人物を秘密裏に捜査。これから起こるであろう重大犯罪を未然に防いでいく。

横山裕本田翼柄本時生などの豪華なレギュラーキャストに加えて、第1話では武井壮、第2話では黒谷友香らがゲストとして参加。物語を彩るゲストの登場は、大きな話題となった。そして第3話では佐野のほか、柴田杏花らがゲスト出演。柴田は、昏睡状態のまま入院中の若槻真帆を演じる。

「ミハン」システムによって割り出された新たな危険人物・若槻真帆の捜査を始めることになった井沢たち。しかし、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生の真帆は、1年前に大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明で入院中の状態だった。

そんなときに、真帆のスマホから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られる事件が発生。さらに、同じスマホで大量の医療用ニトログリセリンが購入されていたことも判明。何者かが昏睡状態の真帆になりすまして、自殺の復讐をしようとしている可能性に思い至った井沢は、小田切唯(本田)と田村薫(平田満)を真帆が入院している病院へ向かわせる。

小田切は病院で、真帆の父親であり、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触。一方、山内徹(横山)は、テニスサークルメンバーのたまり場になっているカフェバーを訪れる。この店は、テニスサークルの代表であり、大手企業の御曹司でもある湯川司が経営しており、真帆の自殺未遂騒動の後、父の周作も訪れていたことがわかる。小田切は過去のトラウマから、この事件にのめりこみ、山内やミハンメンバーらはそれを心配するが……。真帆はなぜ1年前に自殺をしようとしたのか。そこには、ある重大な真実が隠されていた。

PICK UP