羽生結弦、強さの秘密も!村上佳菜子らが選ぶ「勝てる曲」とは?

公開:

6月24日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系、毎週日曜23:10~)では、日本フィギュア界をけん引してきた本田武史村上佳菜子小塚崇彦が「フィギュアスケートと音楽の重要な関係」を徹底解説。羽生結弦選手などフィギアスケート選手が音楽とスケーティングをどう融合させ、音楽を表現して得点を伸ばしているかも明らかになる。

氷上で繰り広げられる優雅で美しいスポーツ・フィギュアスケート。ついジャンプなどの技に目が行きがちだが、スポーツ競技でありながら、採点基準に芸術性が含まれており、中でも「音楽」が勝利の重要な要素を担っている珍しい種目だ。

そこで今回は、フィギュアスケートの音楽に注目。ゲストの本田らが、フィギュアスケートの大ファンだという貫地谷しほり関ジャニ∞らに、音楽とフィギュアスケートの関係性、奥深いフィギュア音楽の世界を語る。

音楽と関わりの深い「演技構成点」の重要性はもちろん、羽生や高橋大輔(※)、荒川静香ら一流選手たちが音楽とスケーティングをどう融合させているかも、実際の演技映像を見ながら分析。

今回のゲスト3人をはじめ選手らが選ぶ「勝てる曲」とはどういった曲なのか、また音楽を表現するとはどういうことなのか、高い演技構成点を獲得するために各々の選手が重視していることは何なのか。そして、技術だけにとどまらない、羽生選手の異次元レベルの音楽表現とは? 選手たちの演技を見るのがより面白くなる、フィギュア音楽のイロハが次々と明らかになる。

またジャムセッションでは、関ジャニ∞がヴァイオリニストの三浦文彰とコラボし、2006年トリノオリンピックでのエキシビションをはじめ、荒川が好んで使用しているナンバー「You Raise Me Up」を披露。渋谷すばるがボーカル、錦戸亮がギター&ボーカル、大倉忠義がドラム、村上信五がキーボード、横山裕がパーカッションでセッションに参加し、しなやかな音楽を紡いでいく。

※「高」は本来は「はしごだか」です

PICK UP