チュート徳井「おっぱいって罪だな〜」巨乳グラドルが『TERRACE HOUSE』に入居

シェアハウスに同居する男女6人の⻘春模様を記録した人気リアリティー・ショー『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』(フジテレビ系、毎週月曜24:25~)の第17話が、6月11日に放送。色気ムンムンの女子メンバーの登場に男子メンバーが色めき立つ一幕があった。

メンバーは、大学生の小室安未(21歳)、プロスノーボーダーの中村貴之(31歳)、アイスホッケー選手の佐藤つば冴(24歳)、モデルの岡本至恩(23歳)、ミュージシャンの上村翔平(28歳)、同番組に何度か出演している島袋聖南(30歳)の6人。そんなメンバーをスタジオから見守るのは、YOUトリンドル玲奈徳井義実チュートリアル)、馬場園梓アジアン)、山里亮太南海キャンディーズ)、葉山奨之だ。

今週で安未が卒業するということで、翔平は彼女に気持ちを伝えようと2人でスノーボードへ。そこで翔平は安未に「好きだった」と告白。安未は、生活態度やすっぴんなど、全てを見せた上で好意があると言われたことについて「すごい嬉しい」と素直に語った。

夜には安未のお別れパーティーをメンバー全員で開催。そこで「話がある」と貴之を呼び出す安未。これまでとった冷たい態度を詫び「(好意を持たれていたため)期待させてしまうのは良くないと思ったから、そういう態度をとっていた」と吐露。貴之は「それでいい」と優しく返していた。

安未が去ったあと、彼女と交代で入居するグラビアアイドルの小瀬田麻由(23歳)が「TERRACE HOUSE」にやって来た。その時に家にいたのは、至恩と翔平。挨拶もそこそこに「半年前に4年間付き合った恋が終わっちゃって……」と言い「幸せな恋を探しに来ました」と入居理由を明かした。

グラビアの世界に飛び込んだ理由について質問が及ぶと「胸が大きかったので、その武器を仕事にできたらいいなと思って」と回顧する。反対に「人生の目標」について尋ねられた至恩は「お金持ちじゃなくていいから幸せな家庭を築きたい」と展望を語ると、麻由も同調。トークは3人で大盛り上がっていた。また、麻由がお風呂に入っている最中、翔平と至恩は彼女の名前をネットで検索。水着姿を見てニヤニヤし、バストの大きい麻由に大興奮していた。

VTRを観ていた徳井は「23の若い男(至恩)が、あのグラビアアイドルに言い寄られて……果たして我慢できるのか?」と危惧。YOUも「我慢というか、誰が断れます?」と自身の見解を述べた。至恩はつば冴とデートを重ねているが、徳井は「(麻由に)心変わりをしたとしても、ここにいる男子は至恩を責めない」と約束。ジョーカーのような役割の麻由が現れたことで、山里が「いいね〜面白くなってきた!」と喜ぶと徳井は「おっぱいって罪だな〜」と嘆いていた。