伝説の家政婦・タサン志麻に密着!3時間で15品の料理が完成『プロフェッショナル』

5月21日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合、毎週月曜22:25~)は、「家族のために、母のように 家政婦・タサン志麻」をおくる。

“仕事の流儀”にはその人の生き方が現れるが、同番組はさまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。

今回の主役、「伝説の家政婦」の異名を持つタサン志麻さんは「時短家事の達人」でもある。わずか3時間で1週間分のつくりおきを生み出す驚きのテクニックは、メディアでも大人気。

そんな志麻さんは、元々フランス三ツ星レストランの料理人。現在は、料理専門の家政婦として、7800円(家政婦専用マッチングサイト「タスカジ」の金額)でフレンチから和食、中華、エスニック、デザートまで15品を超える絶品料理を続々仕上げるプロフェッショナルだ。依頼人の家庭の状況や会話をヒントに、その家ならではの味に仕上げる細やかさも人気の秘密。そんな彼女だが、かつてレストランから逃げ、家政婦の仕事を恥じた過去があったというのだが……。

番組公式サイトでは特製レシピも公開する。