えなりかずき、他人の料理は「死を覚悟して食べる」驚きの潔癖エピソード告白

5月15日に放送される『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)では、「神経質VSガサツ芸能人」と題し、「他人が触ったものは絶対に触りたくない」という神経質芸能人たちと、「そんなことはまったく気にならない」というガサツ芸能人が大激論を交わす。

今回のゲストは、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、入矢麻衣、えなりかずき、大野愛友佳、きたろう、姿月あさと、千原せいじ、松原江里佳、山中慎介、ゆかりの小雪、和牛(水田信二・川西賢志郎)、渡辺直美。

「私がムカついた神経質・ガサツな人の言動」というテーマでは、川西が明かした、相方・水田の「ポテトチップスを箸で食べる」という行為に、ガサツ芸能人たちから非難轟々。ほかにも川西は、水田からさまざまな神経質すぎる言動を受けており、「すごく傷つく」とつぶやく。

旅行にまつわる話では、神経質芸能人たちの苦悩が露わに。えなりは友人たちを自分の車に乗せる時に、「車内で食べ物を食べてほしくない」と思っていることに対し、「小さいと思われたくない」とも思っているという葛藤を告白。松原は、ホテルの部屋に入ってすぐに友人がしたある行為に激怒した話をすると、ガサツ芸能人たちは「そんなことで?」と仰天。MCの明石家さんまから「1人旅専門にし」と勧められてしまう。

一方、ガサツ芸能人の渡辺は、驚きの全裸生活を告白。すべてをリビングで済ませようとするズボラな生活ぶりに、神経質芸能人たちはドン引き。さらにそんな渡辺を襲った悲劇のエピソードとは……?

また、入矢や大野ら潔癖女性タレントたちのエピソードも強烈。「見えない虫が見える」「家に入る前に風呂に入らせる」「付き合う時に、家の中のものを全部買い替えさせた」などの話に、さんまは「彼氏できにくいやろうな」と同情。実際に、ワイルドな男性が苦手という2人は「髭とかほんと汚い」と言い出し、うっすら髭をはやした元WBC世界王者の山中を「脱毛しようかな」と落ち込ませてしまった。

そんな神経質芸能人たちに、ガサツ芸能人代表である千原の怒りが爆発。神経質芸能人たちに「お前らアホやから勉強せえ!」「価値観を押し付けるな!」と終始吠えまくり。中でも後輩芸人・水田の屁理屈の数々には、「だから嫌われんねん!」とバッサリ。それでも先輩に反論をやめない水田と攻防戦を展開する。

このほか、えなりが、他人が作った料理に対して「死を覚悟して食べる」と明かしたり、松原が「スーパーで買ってきた牛乳パックや刺し身を洗う」などの仰天発言が連発する。