杏、アンジャッシュ渡部に子育てアドバイス

女優のとお笑いコンビのアンジャッシュ渡部建児嶋一哉)が10日、都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(6月30日公開)の製作報告会見に出席。結婚・出産以来、初めてのアニメ映画の参加となる杏は、子どもとのエピソードを交えながら本作への思いを語った。

『アンパンマン』の劇場映画30作目でもある本作では、アンパンマンやばいきんまんの誕生シーンなど、「原点回帰」ともいえる印象的なシーンが数多く登場。テレビアニメの第1話にも登場した“いのちの星”を巡るストーリーが展開される。また、今回は“アン”つながりの3人が声優としてゲスト出演。杏は、好奇心旺盛でちょっと不思議な子・クルンを演じ、渡部と児嶋はばいきんまんの作ったメカ・だだんだんとゴロンゴロの声を担当する。

ギンガムチェックのワンピース姿で登場した杏は、「ちょうど子どもたちがアンパンマンに興味を持ち始めた時期がオファーをいただいたのとピッタリだったので、普段のお仕事の“やりたいな”というテンションに、もう1つプラスされたような、嬉しいなという思いがありました」とあいさつ。現在、子どもたちはアンパンマンに夢中で、カバンにアンパンマングッズを入れて出かけたりすることもあると語った。

また、アンパンマンの声優を務める戸田恵子とはプライベートでも交流があるそうで、「月一くらいで、子どもたちの様子を見に来てくれるんです」と、家族ぐるみの付き合いであることを告白。「子どもたちにいろんな歌を歌ってくださる。ある意味、身内みたいな関係」と明かした。

アンジャッシュの2人も、かつてラジオのレギュラー番組で戸田と共演したことがあるそうで、渡部は「よく飲みに連れて行ってもらっていたんですけど、僕ら、(当時は)若手ということもあって、戸田さんに“アンパンマンやってくれよ”って、飲み屋でやらせた記憶があります」と暴露し、笑いを誘った。

そんな戸田とは本作で久しぶりに再会した2人。ゴロンゴロを演じた児嶋は、オファーには感謝しつつも、渡部とは役どころに格差があったようで、「スタッフの方にアンパンマンのぬいぐるみを30体くらいもらったんですよ。でも、ゴロンゴロがその中にいないんですよ!(渡部の演じた)だだんだんはいたのに」と悔しさをにじませた。

ゲスト声優3人は、今回さまざまなアンパンマングッズをもらったそうで、秋頃に第一子が生まれる予定の渡部に対し、杏が「(子どもに渡す)グッズは小出しに。いっぺんにあげちゃうと、“うわ~”ってなっちゃうから、1回のお出かけに1個という感じで、全部一気に渡さないように」と助言。渡部は「本当にいいアドバイスいただいたな~」と感激した。

最後に、杏が「『アンパンマンのマーチ』にもある共通のテーマ“何のために生きるのか”という実は深いテーマも作品の中にメッセージとして隠されている」と映画のキーポイントを説明。そして、「ばいきんまんのアジトから、パン工場に宇宙まで、今回、場面がどんどん変わっていくので、いろんな世代が楽しめる作品になっていると思います」とアピールしていた。

PICK UP