竹内結子×貫地谷しほり『ミス・シャーロック』第1話、地上波で特別放送

竹内結子が主演を努めるオリジナル連続ドラマ『ミス・シャーロック』(オンライン動画配信サービス・Huluで配信中)の第1話が、地上波で特別公開されることが決定。『Huluオリジナルドラマ「ミス・シャーロック」第1話を特別公開SP』と題し、5月9日(水)24時59分より日本テレビで放送されることがわかった。

4月27日に世界19か国でスタートし、毎週金曜に新エピソードが配信されている本作は、HuluとHBOアジアが共同制作した全8話のミステリードラマ。全世界の映画・ドラマ史上、最も多く映像化されているキャラクターとしてギネスブック認定されているシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを、「もし2人が現代の東京にいたら? しかも2人とも日本人女性だったら……?」と、大胆不敵にも新解釈。コナン・ドイルの正典に敬意を込めつつ、現代の東京にふさわしく事件とトリックをアレンジし、シャーロックの卓越した推理力を軸に、人間の心の闇にまで迫るスリリングなドラマが展開。相反する2人の女性が、唯一無二のソウルメイトになっていく姿を丁寧に追う。

竹内がイギリス生まれの日本人で帰国子女の主人公・シャーロックを、貫地谷しほりがそのバディとなる元外科医・橘和都を好演するほか、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、小澤征悦、斉藤由貴、伊藤蘭ら豪華キャストが出演し、ストーリーを盛り上げている。

<第1話「最初の事件」あらすじ>
医師である両親の反対を押し切ってボランティア医師団で海外赴任したものの、自身の無力さを痛感し、久しぶりに東京に戻ってきた和都は、羽田空港のロビーで恩師の水野隆之(二階堂智)に出迎えられる。久々の再会を喜んだのもつかの間、水野の腹部が爆発し帰らぬ人となってしまう。遺体安置室で、水野の遺体に手をつっこんで検死しているのは、捜査コンサルタントのシャーロック。礼紋警部と柴田巡査部長に連れられてやってきた和都を、シャーロックはひと目見ただけで「ボランティア先のシリアから今日、日本に戻ったばかりの外科医」であることを言い当てる。和都はその推理に驚く一方で、夫を殺害されたばかりの妻・亜紀子(水川あさみ)に対する無神経な物言いに怒りを露わにする。しかしシャーロックは意に介さない。翌日、水野と同じ方法で殺害された遺体が発見される。シャーロックは、この猟奇的な連続殺人事件の捜査に和都が同行することを許可する。捜査の過程で、シャーロックは兄の健人を通じて、ベンチャー企業のポルデュ社が開発したデジタル錠剤が、何者かによって遠隔操作型の爆弾「デビルズ・フット」に改造されている可能性に辿り着く。

PICK UP