鈴木亮平『西郷どん』共演の尾上菊之助の言葉「ものすごくうれしかった」

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。5月6日は、第17話「西郷入水」が放送される。

原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。

第17話「西郷入水」では、幕府の追っ手から逃れて薩摩に入り、身を隠した吉之助(鈴木)と月照(尾上菊之助)。しかし、斉彬(渡辺謙)亡き後、再び権力を握った島津斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)は幕府に刃向かうなど言語道断とし、吉之助と月照を日向に追放する処分を下す。それは、実質的に処刑を意味していた。大久保正助(瑛太)は吉之助の命を救うために斉興に直訴し、ある取引を申し入れ……。

公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「死の影を必死に振りほどき、月照さんの命を背負って、とにかく薩摩へ。そんな吉之助に待ち受けるのは一体、何なのか? 尾上菊之助さんとのお芝居はとても楽しかったです。ある時、現場でふっと笑っておられるように思えて、“どうしたんですか?”って聞いてみたんですよ。そしたら“この現場、楽しいなと思って。すごく入り込めます”とおっしゃってくださって。ものすごくうれしかったです」と撮影を振り返っている。

PICK UP