『西郷どん』斉彬の死で奮闘する吉之助に、井伊直弼の追っ手が迫る!?

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。4月29日は、第16話「斉彬の遺言」が放送される。

原作・林真理子、脚本・中園ミホによる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。

第16話「斉彬の遺言」では、斉彬(渡辺謙)が突然、病で世を去ったことを京で知った吉之助(鈴木)は悲しみを押し殺し、月照(尾上菊之助)とともになんとか斉彬の志を引き継ごうとする。

吉之助は近衛家を通じ、朝廷に働きかけ水戸藩を動かそうとするが、その動きを知った井伊直弼(佐野史郎)は、幕府に刃向かう者たちを一気に粛清しようと、吉之助や月照、そして橋本左内(風間俊介)に追っ手を放つ。世に言う「安政の大獄」の始まりだった。

公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「殿の死を知らされた吉之助は、一体、何を思うのか? 決して、悲しんでいる場合じゃないんですよね。“お前はわしになれ”という殿の言葉があるから、とにかく必死に殿になろうとする吉之助がいます。一生懸命、殿がこの世にいないという事実や悲しみから目を背けて、ただぐっと耐えて走っている。“殿ならどうするのか?”“次は何をしなければいけないのか?”……実力は足りていないけれど、殿の覚悟を一身に背負っています。だけど、そういう状態でうまくはいかないですよね。その思いがはじけた時に、吉之助は何を受け入れるのか? どうか、見守っていてください」とコメントを寄せている。

PICK UP