岩田剛典、老舗ホテルの支配人から手際の良さに太鼓判「勘がいい」

岩田剛典
岩田剛典

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が6日、東京都内の老舗ホテル「山の上ホテル」で行われた、自身主演のドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系にて4月15日スタート、毎週土曜22:30~)のためのホテル研修に参加。同ホテルの支配人やソムリエから「勘がいい」と絶賛され、嬉しそうな笑顔を見せた。

郊外にたたずむ落ちぶれた一軒の小さなホテルを舞台に、岩田演じる超絶ラフで全くホテルに似つかわしくない風貌の謎の男・宇海直哉(うかいなおや)の奮闘を描く本作。研修では、支配人らからホテルマンとしての心構えを説明され、お酒の提供の仕方、ホテルマンとしての作法などをレクチャーされ、岩田は「こうしてホテルマンとしての行動を経験できる場は今までなかったし、役作りとしても貴重な機会になりました」と感想を語った。

また、「勉強になりました。でも、お客さんが相手の仕事で僕らの日々の仕事とマインドとしては似ているなとも思いました」とも述べ、「すごく共感できる部分があるなって」と感慨深げ。「基礎を学べた1日だったので勉強になりました。お客さんが笑顔になったりすると最高だって感じたり、普段の自分の活動にも似ているんです。やりがいのある仕事を経験させてもらっているという気持ちでした」と充実した研修だったよう。

ワイン講習では、コルクを抜く際には“ポンッ”と音を出してしまい、思わず苦笑いを浮かべる一幕もあり、「一番難しかったこと」を聞かれると、「ワインの開け方」と即答。EXILEの中ではAKIRAがホテルマンに一番向いているとも話し、「おもてなしの気持ちが誰よりも秀でている人。AKIRAさんの気配りのすごさにはいつも驚かされているんです。サービスマンやホテルマンのマインドに向いていると思います」と絶賛した。

演じる宇海直哉については、「無茶苦茶で破天荒な人」と紹介し、「立場上、(今日研修したような)表面的なしぐさや立ち振る舞いはあえてやらないと思いますが、でもこういう基礎を勉強したことは今後の演技にも生きていくと思います」と話していた。

画像ギャラリー

PICK UP