泉ピン子、米倉涼子、二宮和也『ぴったんこカン・カン』15周年記念企画に登場

安住紳一郎TBSアナウンサーと久本雅美が司会を務める『ぴったんこカン・カン』(TBS系、毎週金曜20:00~)が、今年4月で放送15年目を迎えた。そこで、泉ピン子米倉涼子二宮和也といった豪華ゲストを迎え、4月6日と13日の2週にわたり15周年記念企画を実施する。

4月6日の放送は、泉扮する伝説のバスガイド・ぴったん子がお祝いに駆けつけ大暴れ。15年で番組最多となる57回の出演を誇る泉は、その時々の場面で様々なキャラクターに扮して登場し、どんな時も安住紳一郎TBSアナウンサーの制止を振り切って暴走する。そんな泉は、今回どんなお祝い計画を立てているのか。久々の登場となるぴったん子に、安住アナの反応は? さらに、貴重映像や秘蔵映像をたっぷりと公開する。

そして、4月13日は2時間スペシャルで、祝15周年企画「米倉涼子スペイン人になる!」を放送。安住アナを「相談がある」と呼び出した米倉は、唐突に「私、スペイン人になりたいの」と言い出す。昨年からアルゼンチンタンゴを習っているが、タンゴの用語がすべてスペイン語なので勉強したいという。さらに「実際にスペインにも行ってみたい、一緒にスペインへ行こう!」と持ちかけるが、安住アナは顔を曇らせる。実は10年以上前、番組で泉と共にバルセロナへ行った時、嫌な思い出を作ってしまったようなのだ。しかし、米倉の「楽しい思い出にするためにも一緒に行こう!」という熱い思いに打たれて了承する。

最初に訪れたのは、六本木一丁目にあるスペイン大使館。「まず挨拶するべきだ」という安住アナに、米倉が連れられてきた形だが、実は今年は日本とスペインの外交関係樹立150周年。そんな記念すべき年に『ぴったんこカン・カン』は15周年を迎えるのだ。大使公邸でゴンサロ・デ・ベニト駐日大使との面会が叶った2人は、さらに大使からスペイン国営のスペイン語学校も紹介してもらうことに。さっそく語学学校へ行き、スペイン語の勉強をスタートさせる。安住アナに「ちゃんと勉強しないと国際問題ですよ!」とプレッシャーをかけられる米倉だが、果たして夢のスペイン旅は実現できるのか? 安住アナの国際的愛想笑いも必見だ。

さらに、4月22日スタートの『ブラックペアン』(TBS系、毎週日曜21:00~)から、主演の二宮が10年ぶりに登場。休日はほとんど外出せず自宅でゲーム、美味しい店にも興味がないという二宮を連れ出し、絶品グルメを紹介したり身体を動かすためストレッチに挑戦してもらったりする。途中、ドラマで共演者たちも登場する。

PICK UP