沢村一樹、イタリアで美女と仮面舞踏会!ベネチアンマスクを手作り

沢村一樹生瀬勝久田口浩正上杉柊平の人気俳優4人がイタリアの3都市を旅するバラエティー番組『役者旅~自由すぎダンディ達のイタリア~』が、カンテレ・フジテレビ系で3月29日(木)22時より放送。この度、“素の自分が出すぎている”イタリア旅を楽しむ4人の様子を紹介する。

番組では、ミラノ、シルミオーネ、ベネチアといったイタリアの人気3都市を鉄道で巡る。シルミオーネでは、街のシンボル的存在のスカラ城からの絶景を楽しみ、ベネチアでは、世界遺産に登録されているサンマルコ広場を散策。ミラノでは、パンツェッタ・ジローラモが案内役で登場し、最強ガイドによるミラノ観光を満喫する。沢村が、「イタリアという国がギュッと詰まっている」と話す“ミラノ記念墓地”のアートな景観は必見だ。また、ベネチアでは生瀬と上杉が、ベネチアン・ガラス工場があるムラーノ島のガラス学校でグラス作りを体験。沢村と田口は、ベネチアの名産品として有名なベネチアンマスクを制作。出来上がった仮面をつけて、イタリア美女と魅惑の仮面舞踏会を!? さらに、「すごく行きたかった場所」を訪れた沢村が、そこで待っていたスペシャルな体験に大感動する場面も。沢村を童心に返らせた男心をくすぐるものとは? 他のメンバーも、それぞれこの旅でやりたいことを考えて参加し、中でも生瀬は日本からマイ釣り竿を持参するなど気合十分。

イタリアの人気3都市を楽しみ尽くす4人だが、実はこの旅は“行き先選びや移動の手配を、基本的に自分たちで行う旅”。自由きままな旅の解放感からイタズラ心に火が付いたオジサマ俳優だちの悪ノリが全開し、ハプニングが多発するほか、イタリアでは数十年ぶりという珍しい現象に見舞われて大混乱する一幕も。またレストランでは、イタリア語が読めず勘で注文した料理を前に食リポにも挑戦。果たして、4人は普段の表現力を食リポでも発揮できるのか? 沢村が「芸人さんたちがやる旅番組ともまた違う」と話す、俳優たちが繰り広げる筋書きのない旅の行方と、俳優たちの素顔が垣間見られる場面は必見だ。

また、今回の旅は“男同士の旅”というのも見どころのひとつ。「オジサン旅が面白かった」と話す沢村をはじめ全員が「楽しかった」と振り返り、思い出に残った様子。男だけの旅は「家族で行くのとはまた違った面白さがあるのかも」と沢村が言えば、田口も「この番組を見た皆さんが、今度、男同士で一回行きたいと思ってくれると嬉しい」と旅の充実感をのぞかせる。旅の終わりに沢村は、「素の自分が出すぎているかもしれないくらい、格好つけてるシーンはなかったので、視聴者の方にも同じように見てもらえると嬉しいですね。男同士の旅って家族とか、カップルの旅に比べて想像しづらいかも知れないけれど、例えば息子たちを連れて男だけで行く旅行は、家族で行くのとはまた違った面白さがあるのかも知れないなと思いました。」と笑顔で語った。

イタリアの観光スポットや絶品グルメ情報を交えつつ、自由気ままに旅を楽しむオトナたちの魅力も伝える同番組のナレーションを務めるのは女優・仲間由紀恵。共演経験がある沢村、生瀬らの旅を、仲間が温かく見守る。